新入学の季節、私は卒業いや強制退学となりました ―「さらばガラ携!」物語―

 16.4.7c0133503_15385694.jpg
 先月末頃から携帯電話が異常をきたし、呼び出し音はなるものの通話が全くできなくなってしまいました。
「これでは仕事にならん」とばかりに携帯ショップにかけこんで「ちょっと直してください」とガチで修理を依頼したところ、対応してくれた男性店員(名札プレートにはS谷さんとありました)は私の顔と黒い携帯電話を交互に見ながら「修理に出すとお時間もお値段も少々掛かると思います。保証期間もすぎてますし…」「お客さんの使用頻度からいうとかけ放題プランで今よりかなりお安くなりますよ」「ポイントも貯まっているし、タブレットもお付けできます」と丁寧かつ断定的に買い替えを促されました。
 自分でも「口説いかな」と思いながらも「もうこれ(ガラ携)の時代じゃないということですか」と食い下がると、「まぁお客さんがどうしてもとおっしゃるなら別ですが、この機にスマホにされたほうがやはりよいかと…」と今度は憐れむような目でおっしゃいました。
 てなわけでワタクシ山元は本日およそ15年に及ぶ電話機能ほぼオンリーの携帯電話生活を卒業、いや半ば強制退学させられた次第であります(卒業証明写真。上か今回購入したタブレット、スマートフォン、これまで使用していた「ガラ携」)。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2016-04-07 15:40 | 建声元語 ―よもやま話―

日本共産党 前大阪・池田市会議員  山元たけしの日々の活動を綴ります


by takeshi_yamagen
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る