人気ブログランキング |

銀 幕 三 作 

 16.12.19銀 幕 三 作 _c0133503_15314950.jpg
 特別な理由はないのですが、珍しくこの秋から冬にかけて仕事の合間を縫って3本の劇場映画を見ました。「シンゴジラ」、「君の名は。」、「この世界の片隅に」です。アニメ映画を二つ見たわけですが、アニメを劇場で見るのは息子のつきそいでいった「ドラえもん」を除くと1972年公開の「パンダコパンダ」以来です。
 各作品、若干の感想。
 <シンゴジラ>疑問…なぜこの時期につくったのか。推測…「こんなに俺たちはお人好しじゃないぜ」と官僚たちがにやついているだろうこと。確信…作中の二人の総理大臣と安倍首相を絶対重ねてはいけないこと。まぁ、見た人だれもが論評したくなるというのは分かりました。
 <君の名は。>いわゆる時空超越映画。美しくて面白かったけど、後半のテンポが早すぎてついて行くのがやっとって感じでした。
 <この世界の片隅に>
 おっとりした年若い女性すずさん。彼女の生活を戦争が飲み込んでいく過程を淡々と描いています。戦争を直接体験した世代、私たちの世代、さらに若い世代…、世代間で受け止めが違うだろうなというのが率直な感想。上映後泣いていたのは若い人が中心だったように思います。
 
 
by takeshi_yamagen | 2016-12-19 15:32 | 銀 幕 日 記