人気ブログランキング |

新名神事故で国交省近畿地方整備局と交渉

 17.9.16新名神事故で国交省近畿地方整備局と交渉_c0133503_19135565.jpg
 昨日午後、私は大阪市中央区の清水忠史・堀内照文両衆議院議員、辰巳孝太郎参議院議員、高尾靖子豊能町議らとともに国土交通省近畿地方整備局を訪問し、新名神高速道路建設工事でまたもや起こった死亡事故の事故原因の徹底究明と工事の見直しを求める緊急要望を提出しました。
 午後8時から作業を行い9月12日の午前4時20分事故発生―、私は事故を耳にした当初午前と午後を間違えたのかと思いましたが、そうではありませんでした。配られた資料を見てやはり夜を徹しての作業のあと事故が起こっていたのです。新名神高速道路建設現場では昨年4月以来6件の事故が発生し計5人が死亡しており、高槻JCT・IC~川西IC間の平成29年11月開通ありきで安全を軽視した無理な工事が行われていた疑念はやはり拭えません。事故原因の徹底究明と事故防止策の策定が終わるまで現在行われておいる工事を停止し、開通時期は延期を含めて再検討することを強く要望しました。
 局の担当者は「19歳の未来ある若者が亡くなったことに胸を痛めている」と言いながら「NEXCO西日本への調査権限は持たない」と半ば他人事(「本庁に伝える」とは言いましたが…)。しかしそもそも新名神の計画を立てたのも認可したのも国ですから「責任なし」ではもう済まされません。すでに5人の命が絶たれているんですから(写真右から二人目が私。16/5/21,17/6/23・9/12ブログ参照)。
by takeshi_yamagen | 2017-09-16 19:15 | 大阪9区飛び歩き