人気ブログランキング |

豊能ダイオキシン問題は情報公開と住民合意で解決を① 議会否定の日下元町長!?

 17.9.18
 9月24日投開票で町議選の行われる豊能町はこの20年間ダイオキシン汚染土の処理をめぐってゆれています。以下共産党豊能町委員会の発行する豊能町民報から。

 行政のチェックは議員の大切な仕事の一つです。高尾靖子議員は2004年東京都品内での処理が浮上した時、施設組合議員として品川区の関係者とも連絡を取り合って調査し、地元の了承が得られていないことを確認し、組合側の「地元の了承が得られる状況になっている」(今泉幸彦施設組合環境監=当時)が事実ではなかったことを突き止めました。
 ところがこの議員としての当然の調査に当時の町長・施設組合長である日下氏は9月1日発行の「ご隠居さんと熊さんのからくち問答で共産党のせいで品川区での処理できなかったと難癖。さらに(三重県では)議員に内密にしたから(処理が)成功したのですぜ」と議会の存在を否定する驚くべき発言を載せています。
by takeshi_yamagen | 2017-09-18 11:47