人気ブログランキング |

豊能ダイオキシン問題は情報公開と住民合意で解決を② 住民にダンマリ田中前町長

 17.9.18
 2016年に田中龍一町長・施設組合管理者(当時)が九州に運ばれていたダイオキシン汚染物を住民に知らせず神戸で処分していたことが発覚、再び町内に戻される事態になりました。
 これを受けて高尾靖子議員は施設組合議会副議長として真相解明に奮闘し、議会は全会一致で百条委員会を設置。その後施設組合は住民の監査請求を受けて田中前町長などに各9,650万円を損害賠償を請求しました。
 歴代の町長の住民に事実を隠し続け「ばれなければいい」というやり方ではダイオキシン問題の真の解決はありません。
 なお1998年同じく高濃度のダイオキシンが問題になっていた和歌山県橋本市では徹底した情報公開と住民参加を原則に話し合いをすすめ、03年現地に汚染物処理施設をつくることを選択しました。

 
by takeshi_yamagen | 2017-09-18 11:48