山元たけしの あの日その時、そしてこれから

yamagenta.exblog.jp

日本共産党 前大阪・池田市会議員  山元たけしの日々の活動を綴ります

ブログトップ

「初体験」の嵐が歴史的な総選挙を物語っています

 18.1.8c0133503_13201870.jpg


 服部良一と歩む会の機関紙「ピースでピース」27号を服部さんが送ってくださいました。

 以下はそこに掲載していただいた拙文です。

 初の衆院予定候補、初の同候補の辞退、初の9区の野党統一候補の実現、初の野党共闘街頭宣伝、初の他党の宣伝カー運転…、衆院解散から投開票日に到る
25日間に私の身に怒涛のごとくふりかかった初体験の嵐が、史上初の野党共闘に立脚した総選挙の激しさと歴史的意義を如実に物語っているといえるのではないでしょうか。

 山本太郎さん、渡辺義彦さんはじめ「安倍暴走政治NO!平和憲法を守ろう!」と立ち上がった多くの市民のみなさんと、服部勝利めざして心通わせて闘えたことは私にとっても今後に生きる貴重な経験となりました。

「もう少し票が出ると思っていた」という声も聞きます。しかし大阪9区ではまったく無名の服部さんが一月足らずのたたかいで自民・維新の現職二人のおよそ半分の票を獲得したことはすごいことだと私は思います。服部さんの大奮闘に改めて敬意を表したいと思います。

 市民の中で生まれ育まれ、総選挙で開花した野党共闘―、もうあともどりできません。
 この流れをさらに太く大きくして来るべきたたかいに挑んでいきましょう。
 私も全力あげてがんばります。

 


[PR]
by takeshi_yamagen | 2018-01-08 13:24