なぜ隣国のオリンピック観戦で寝不足になるのだ!

 18.2.15

 学生時代陸上部に所属していた旧知のA君、平昌オリンピックもさぞかし楽しく見ているだろうと思いきや、「冬のオリンピックは関心ない」と言い切り、「その時の気象条件など偶然の要素で勝負が決まりすぎる」とその理由を語ってくれました。「選手の実力が正当に評価されないことが多い。これではスポーツショーだ」というわけです。

 確かにスキーのジャンプでは出走時の風向きが成績に大きく影響を及ぼすようですし、スピードスケートでは伴走者とのちょっとした接触で転倒するシーンをよく見かけます。ものごとを厳密に考える彼らしいなと思ってしまいました。

 さて今回オリンピックが行われているのはお隣の国韓国です。

 久々に「ライブ観戦翌日寝不足」を免れると思いきやさにあらず。真夜中に実施される競技がなんと多いこと!スキーのジャンプなどは競技中に日がかわってしまっていました。欧米の昼間の時間に合わしたようですが、気温氷点下で競技を強いられ、それだけ「偶然の要素」の生じるおそれも高くなる中、やってる選手はたまったものではありません。

 東京ではこのような事態を再現させてはなりません。


[PR]

by takeshi_yamagen | 2018-02-15 09:22 | スポーツ話