森友文書 書き換えか? 国家の信頼、存立意義が問われる事態になってきました 

c0133503_12105976.jpg
 18.3.3
 森友文書 書き換えの疑い―、

 昨日の朝日新聞一面のこの見出しを見て私は本当に驚きました。

 学校法人・森友学園(大阪市)との国有地取引をめぐり、財務省の公文書の内容が契約当時とその後に国会議員らに提示したものと違っているというのです。開示された文書では項目ごとなくなったり、契約当時の文書にあった「特例的な内容となる」などの表現も消えたりしているとのこと。

 さらに驚いたのは昨日午後の国会の政府側の答弁です。

 日本共産党の小池晃書記局長がさっそく参院予算委員会でこの問題をとりあげ、「改ざんしてないなら、してないって言えばいいじゃないですか!」と質したのに対し、国は「(大阪地検の)捜査にどのような影響を与えるか予見できないので答えられない」(財務省太田理財局長)とはぐらかしの答弁に終始しましたが、書き換えについては否定しませんでした。それどころか麻生財務大臣に到っては記者会見で「(掲載紙は)朝日?T紙じゃ取材能力はねえか。残念だったね」と暗に記事が事実であることを仄めかしさえしたのです。

 今まで森友問題関係の文書を政府が出さない、追及されて渋々出すということが繰り返えされてきましたが、今回それらの文書の書き換え―国による公文書偽造―の疑いが出てきたわけです。公平公正であらねばならない国の仕事、それを担保するのが国の作成する記録文書のはず。それが書き換えられていたのならば、国の信頼は一気に崩壊してしまいます。

 森友学園問題は、一学校法人と政府の関係性にとどまらない、国家の存在意義すら問われる新たな段階に入ったと言えるでしょう。







[PR]
by takeshi_yamagen | 2018-03-03 12:14 | 打倒!安倍政権

日本共産党 前大阪・池田市会議員  山元たけしの日々の活動を綴ります


by takeshi_yamagen
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る