南北首脳会談開催合意! 日本政府は「対話による平和的解決」をめざせ

c0133503_09171173.jpg

 18.3.8
 6日、朝鮮半島からうれしいニュースが飛び込んできました。
 文在寅・韓国大統領の特使と北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長は南北首脳会談を4月末に開催することで合意しました。さらに北朝鮮側は「朝鮮半島非核化の意思を明確」にし、「北朝鮮に対する軍事的脅威が解消され、北朝鮮の体制の安全が保証されれば、核を保有する理由がない」と非核化にも言及、米国との対話も行う用意があると述べたとのことです。これに対して、米国のトランプ大統領も「合意は非常に前向きだ。それは世界にとって良いことだ」と肯定的に評価、朝鮮半島を含む北東アジアは緊張緩和へと大きく動き出しました。
 今回の合意に対して「北朝鮮には何度もだまされてきた」とその実効性を疑う声もあります。しかし北朝鮮が平和のボールを投げてきた今、日本を含む関係国自身が「軍事的脅威の解消」、北東アジアの非核化に努めてこそ、北朝鮮に今回の声明の内容を誠実に実行するようより強く求めるボールを投げ返すことができるのではないでしょうか。
 日本政府はこの間の南北対話に対して「対話のため対話は無意味」「微笑み外交にだまされるな」と述べてきました。しかしこの間の話しあいが「対話のための対話」に留まらない誰もが「微笑む」結果をもたらしたわけです。
 また北朝鮮は「対話が持続している限りは追加の核実験や弾道ミサイル発射は行わない」とも述べているわけですから、対話こそが椅子の下に子どもたちを潜り込ませる訓練をしたり、Jアラートを鳴らさなければならなかったりする「国難」から脱出する唯一の道だと私は思います。 
 政府は、これまでの対話否定・軍事一辺倒の頑なな態度をあらため、いま生まれている北朝鮮問題の「対話による平和的解決」をめざす動きを促進し、それを実らせる立場にたち、あらゆる外交努力をはかるべきです。


[PR]
by takeshi_yamagen | 2018-03-08 09:20