BIEのみなさま、おいしいもん食べてって!カジノなんかなくても大阪はええ街ですよ

c0133503_16201341.jpg

 18.3.8

 フランスに本部を置く博覧会国際事務局(BIE)が2025年の万博に立候補している大阪を訪れています。しかし、行政も関西財界もこの万博がカジノIRと一体に誘致されるものであることをBIEにはいっさい伝えていません。

「カジノ問題を考える大阪ネットワーク」と「あかん!カジノ女性アピール」が大阪市役所前で緊急の宣伝に取り組みました。なんと57人が参加し、300枚のビラが受け取られていきました。

 私からは「BIEの事務局さーん!大阪万博は賭博施設と一体のもんですねん!人工島の開発でごっつう税金使いますねーん!今夜はご馳走振る舞ってもらうとおもいますけど、大阪には美味いもんがぎょーさんありますさかい、一杯食べて帰ってください!ほんで、大阪が食い倒れの街であること、カジノなんかなくても魅力ある街であることを知ってくださーい!」と訴えました。

 ニュースではBIEのみなさんが「大阪の人々の熱意とおもてなしは私たちの心に響いた」と感想を述べたとのことですが、カジノと一体の万博にたくさんの大阪府民が反対していることをぜひ知ってもらいたいと思います(清水ただし日本共産党前衆院議員の8日付FB記事より)。 


[PR]

by takeshi_yamagen | 2018-03-08 16:22