山元たけしのファミリーヒストリー① ―41年ぶりに本家を訪問しました―

c0133503_12565260.jpg

c0133503_12571976.jpg
 18.4.7
 先月29日、石川県との県境に近い富山の山あいにある山元家の本家を父と息子とともに訪ねました。私にとっては高1以来41年ぶりに訪問、当時新婚だった現在の当主(祖父の長兄の孫)夫妻もいいお歳になっておられました(まぁお互い様ではありますが…)。久々の再会を喜んで仏壇に手を合わせた後、さっそく他の親族回りも兼ねて家の周辺を歩いて回りました。
 驚いたのは日陰のところどころにまだ雪がかなり残っていたこと。「今年は雪が本当に多かった。家の軒先まで埋まりました。集落総出で雪下ろしをして各家にある除雪機をフル稼働しましたが、ほとんど追いつきませんでしたね」と話され、「おまけに機械の先で傷つけてしまいました」と側溝のコンクリートの破損部分を指さしながら続けられました。
 雪国の苦労を改めて思い知った次第です。


[PR]
by takeshi_yamagen | 2018-04-07 12:58 | 山元家の人々