曇りなきところからいかに膿をだすか、これは難問だ

 18.4.19

 加計学園の獣医学部新設認可に至るプロセスに関して「一点の曇りもなかった」と断言していた安倍首相が、「膿を出し切る」と瑕疵の存在を認める発言をしてしまいました。
 一点の曇りもないところから膿をどう出すか、これはかなりむずかしい。少なくとも僕にはできない。安倍首相も膿、いや海の向こうで昭恵さんとともに悩んでおられることでしょう(これを膿の苦しみといいます)。
「どうせ私を騙すなら騙し通してほしかった」との女心を裏切って、「折れた煙草の吸いがら」を見るまでもなく、簡単にわかるうそをのたまう安倍首相―、「これでは女性にもてませんよ。『うそついてもいい?』てもっと直球で行かなあかん」と福田事務次官がおっしゃっているとかいないとか…。バーブ佐竹も中条きよしも怒ってるでぇ!
 


[PR]

by takeshi_yamagen | 2018-04-19 08:27 | 打倒!安倍政権