米粒を見る目が変わりました ―映画「ごはん」を見て― 

c0133503_08411721.jpg

c0133503_08414892.jpg
 18.5.31
 20日能勢のピースマーケットで上映された映画が「ごはん」。映画鑑賞は好きで毎年それなりの数の作品を大きな画面で見る私ですが、これほど直球勝負のタイトルにはあまりお目にかかったことがありません。「作中でどんな『たま』が飛んでくるんやろ」とちょっと期待しながら映画が始まるのを待ちました。
 東京で派遣社員として働くOLヒカリ(沙倉ゆうな)は、京都南部で農業を営む父親の急逝を機に帰省。「やる人がいない」と任された水田経営も、父とあまり折り合いがよくなかったことも微妙に影響してあまり気乗りしませんでした。そんな彼女が何度も失敗を繰り返しつつも、米つくりの難しさ、地域の農家の協力のありがたさに触れる中で、農業に従事する決意を固めていく―、というのがざっくりしたあらすじ。最後の決め球は「農業を守ろう」と直球ですが、「刃物の扱いは任せろ」とつぶやく福本清三さん登場の変化球、コンバイン暴走の暴投球と多彩な「球種」が楽しめる映画です。
 市街化が進んだとはいえ、池田にもそれなりに水田がありますが、農家のみなさんの苦労に特別心馳せるわけでもなく、ただ漫然と稲の生長を見ていたことをいたく反省、日々いただくお米の一粒々々が愛おしくなる―、そんな暖かい思いに浸らせていただける映画です。
 ところで会場に来ておられた主演の沙倉ゆうなさんと一緒に写真を撮っていただきました。この映画が評判になって今では「日本一コンバインの似合う女優」と呼ばれるようになったとのことです(18/4/8付当ブログ参照)。


[PR]
by takeshi_yamagen | 2018-05-31 08:44 | 銀 幕 日 記