全ての小中学校にエアコン設置を ―政府要請行動で国会に行ってきました②―

 19.8.6c0133503_3593630.jpg
 全国的に今年一番の暑さとなった。「命に危険を及ぼすレベルで、災害と認識している」と気象庁が表明するほどの猛暑が続いています。
 そんな中注目されているのが小中学校のエアコン設置率の格差。100%の自治体がある一方で、ほとんど設置されていないところもあります(大阪府は77.3%)。
 2日最高気温40.2度を観測した岐阜県多治見市では公立小の冷房設備の設置率は0%。先月17日に校外学習に出かけた小1男児(6)が熱射病で死亡した愛知県豊田市の公立小中は設置率0.5%でした。
 ことはこども達の命に関わります。先月25日の政府要請行動でも、体育館教室などの公立小中学校の避難所、避難施設に、国の責任でエアコンを設置して欲しいと緊急要望を行いました。
 質疑応答では「音楽室の多くは近隣の騒音を気にして夏でも窓を閉めた中で練習している」「体育館は災害時の非難所。せっかく避難して助かった命を、避難所で命を落とすことになるなど決してあってはなりません」と、普通教室のみならず特別教室や体育館のエアコン設置を求める声が相次ぎました。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2018-08-06 13:18 | 住みよい石橋・豊島の街めざして

日本共産党 前大阪・池田市会議員  山元たけしの日々の活動を綴ります


by takeshi_yamagen
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る