すべては8年前の市民の訴えと共産党の奮闘から始まりました ―池田の小中学校エアコン設置―

 18.8.7
 さて国会要望でも大きなテーマとなった小中学校へのエアコン設置率。池田市は普通・特別教室とも100%です(体育館は未設置)。
 しかしその池田市でも国の空港騒音対策が行われていた大阪空港に近い北豊島小・中と神田小以外はつい近年までエアコンが設置されていませんでした。その状況を大きく変えたのが、2010年9月議会での市民の請願と市議会における日本共産党議員団の奮闘でした。以下同年9月19日付の私のブログ記事を再掲します(一部加筆修正)。

 今夏(2010年)の猛暑、「うだるような暑さで勉強できない」という子どもたちの悲鳴を受けて、学校の先生方の労働組合などが「すべての幼稚園、小中学校の教室に緊急にクーラーの設置を求める請願」を提出され、15日の文教病院常任委員会の審議に付されました(紹介議員は日本共産党市議)。
 その質疑で特異な発言を繰り返したのが市長与党のA議員。「これから秋に向かい、クーラーがいらなくなる時に(請願を)出してきても、実現するはずがない」「これはプロパガンダ(宣伝)だ」と言うのです。
 しかし、請願は「緊急に」としているものの、今夏の設置に必ずしもこだわっているわけではありません。また、A議員は紹介議員が共産党であることをとらえて、共産党の宣伝と考えておられるようですが、紹介議員が誰であろうと、まず請願の内容が市民のためになるかどうかを検討するのが議員の務めではないでしょうか。親御さん、先生方、そして何よりも子どもたちの切実な願いを曲解までして、党利党略で弄ぶA議員の態度はやはり頂けません。
 結局、わが党の「快適な学習環境をつくるためにクーラー設置は必要だ」と主張した難波議員以外の反対多数で請願は不採択となりましたが、注目されたのは市側の発言。「クーラー設置の思いは同じ。一斉には無理だが、例えば中学3年生からとか、できるところから早くすすめられるよう考えたい」(教育長)、「教育振興基金の1億円を使ってでも、家庭用のクーラーでも、ということを検討していた」(市長)と、前向きな姿勢を示されたのです。市民の声が市党局を動かしつつあります(後略)。 

 このやりとりの後市立小中学校のクーラー設置が一気に進むことになったのです。 
 ※2010年10月1日付当ブログもあわせてご覧ください。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2018-08-07 13:47 | 住みよい石橋・豊島の街めざして

日本共産党 前大阪・池田市会議員  山元たけしの日々の活動を綴ります


by takeshi_yamagen
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る