東京で縄文に圧倒されて帰ってまいりました

 18.8.11c0133503_1156784.jpgc0133503_115626100.jpg
 先月国会要望後一泊して、東京国立博物館の特別展「縄文」を見学してきました。
 中部地方のコテコテの火焔土器、東北の宇宙人のような遮光器型土偶、さらには顔面ハート型の文字通りハート型土偶と、教科書その他で誰もが一度は目にしたことがある縄文土器の優品がズラリ並ぶ姿にまず圧倒されました。
 またそれらの優品もよかったのですが、控えめに小さく展示されていた赤ん坊の足型・手型の土器に、私は心惹かれました。名も知らない赤ちゃんとはいえ特定の個人を彷彿とさせるほとんど唯一の展示品だったからです。彼ら(彼女ら?)はどんな生涯を送ったのだろうか、もしかしたら生まれてすぐ亡くなったのかもしれないな、だとすればお母さんの悲しみはいかばかりだっただろうか…、展示品の前で過度に感情移入する私の性格がまた出てしまいました。
 私としては、移動生活から定住志向の高度な狩猟採集生活へと移行した縄文1万年のダイナミックな流れが示されてなかったのだけは残念に思えましたが、それを差し引いても一見の価値は十分ある特別展でした(9月2日まで)。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2018-08-11 11:57 | 博物館は楽し