マイブーム お江戸のおみやげ

 18.8.16c0133503_9164929.jpg
 半世紀以上生きてくると公私あわせて何十回か東京に足を運んできました。その度に「ひよこ」や崎陽軒の焼売(横浜やけど)を買って帰り、時間が許せば佃島の天安まで足を伸ばしでおいしい佃煮を求めたりもしました。
 そんなおみやげ遍歴を重ねてきた私の昨今のマイブームが舟和の芋羊羹です。数年前先輩議員からすすめられたのですが、芋と言うからには素朴で田舎っぽい味を勝手に想像していたワタクシ、一口食べると芋とは思えぬよく抑えた上品な甘さが口いっぱいに広がり、その予想は見事に裏切られました。「まさに対立物の統一、相互作用の妙―、ヘーゲル先生もびっくりの弁証法的な味だ」とよくわからんこと思わず口走ってしまうおいしさです。
 7月の国会要望の際にも浅草仲見世の舟和本店で買い求めて、家族と一緒に食べたところ、息子が「お父さん、もひとつ」と意外な感想。「僕ら和菓子文化の馴染んでないのと、若いからもうちょっと甘ないともの足りん」と結構冷静に分析しておりました。ジェネレーションギャップを実感した次第です。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2018-08-16 09:18 | 建声元語 ―よもやま話―