今年もNHKスペシャルは見ごたえがありました

 18.8.19
 73回目の終戦記念日を前後して奮闘しているのがNHKスペシャルです。
 15日は「ノモンハンの真実」。
 モンゴルと満州の国境線を挟んで対峙する日ソ両軍。ついに東京の参謀本部も知らないうちに関東軍と現地軍は国境線をめぐって事実上戦争状態に突入しました。状況分析の甘さもあって日本の敗北で終わったこの戦闘で驚いたことは、関係者が上へ下へと責任を転嫁し、誰も責任をとろうとしなかったことです。
 無責任体制、甘い状況分析、精神論の跋扈はそのまま温存されて太平洋戦争に引き継がれ、戦闘がずるずる続く中空襲その他で親を亡くしたたくさんの孤児が生まれました。そんな戦災孤児を追ったのが12日の「戦争孤児の闘い」です。「大人たちの始めた戦争で親を失いずっと『駅の子』と蔑まれてきました。一体僕たちになにの責任があったというのか!欲しかったのは人のぬくもりでした」という元孤児の叫びが胸に刺さりました。終戦直後府内泉南郡の疎開先のお寺に最後まで父母が迎えに来ず、母が「親は空襲で死んでしまったんだ」と一旦は孤児として生きる決意をしたと話していたのを思い出しました(幸い母の場合はその後祖父母が迎えに現れました)。母にとって、ひいては私にとっても「駅の子」は他人事ではなかったのです。
 13日の「船乗りたちの戦争」も見ごたえがありました。
 民間の船が物資輸送に徴用されていたことは知っていましたが、その中に小さな漁船(写真を見る限り「奈良時代の遣唐使船以下だ」と思ってしまうくらい粗末なものです)まで含まれており、それに乗り込んでいた徴兵年齢前の今でいう高校生くらいの子たちがそのまま南方で戦闘に駆り出されて命を落としていたことを初めて知りました。
 毎年戦争の悲惨な現実をこつこつ発掘してくれるNHKスペシャルのスタッフには本当に頭が下がります。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2018-08-19 20:42 | 歴 史 夜 話