高校野球余聞

 18.1.20
 夏の甲子園、百回大会もいよいよ本日準々決勝。激戦を勝ち抜いてきた4校がぶつかります。
 さて、今回の夏の大会、例年以上に私は楽しみにしていました。まず近大附属(10年ぶり)、高知商業(12年ぶり)など久しぶりにその名前を聞く古豪が見受けられたのは嬉しかったですね。レジェンド始球式も粋な計らいですね。私は坂本佳一投手(東邦高校)に注目。バンビと呼ばれた細い体で全試合を投げ抜き決勝戦でも東洋大姫路相手に互角に投げ合った姿が思い出されます(実は僕と同学年です)。それに太田幸司さんはいくつになっても男前でんなぁ。
 印象に残ったのは近江高校が前橋育英を4―3のサヨナラで下した試合です。1979年のセンバツで滋賀比叡山高校が群馬の前橋高校の松本投手に史上初の完全試合を喫して以来40年、近畿人の私としては滋賀県勢が群県勢を下すとそれだけでうれしいのです(まぁ現在の群馬の球児にしてみれば生まれる前の話であり、えぇ迷惑でしょうが…)。
 そしてその近江を鮮やかなサヨナラ2ランスクイズで下した金足農高は吉田投手を中心に試合ごとに強くなってきている印象です。今日勝てば103年前の豊中球場で行われた第1回大会秋田中学以来の秋田県勢の決勝進出。優勝すれば初めて優勝旗が東北にわたることになります。大阪桐蔭の春夏連破も見たいし、そこは悩ましいところです。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2018-08-20 12:13 | スポーツ話