飛んでいったり飛んできたり… ―台風21号顛末①―

 18.9.6c0133503_957846.jpg
 4日正午頃徳島県に上陸した非常に強い台風21号は午後2時頃神戸付近に再上陸、各地に大きな被害をもたらしながら近畿・北陸を縦断して走り抜けました。被害にあわれた方に心からお見舞い申し上げます。
 さて私の住まう池田市石橋では朝方こそ青空も見えて穏やかだったのですが、10時半すぎには雨が降り出しました。その後トタン板がなにかにあたる音や木の葉の擦れ合う音をともないながら風が急に強くなってきて、雨も屋根ではなく家の壁や窓に叩きつけるようになってきました。横殴りってやつです。ただ2時頃空は曇天のままながら、一時的に風雨が弱まりました。今から思うと台風の目の縁あたりに入っていたのかもしれません。
 さてこのように自宅でなんとも恐ろしい数時間を過ごしたのですが、やっと4時頃に風雨とも収まってきました。恐る恐る玄関から外に出るとまず路上に散乱する枝が目に飛び込んできました。1種類だけではなかったのであちこちから飛んできたことが窺えます。次に外壁に目をやると貼っていた共産党のポスター1枚が跡形もありませんでした。どこかに飛んでいってしまったのでしょうね(ポスターが舞い降りてしまったおうちの方、申し訳ありません。処分しておいてくださいませ)。ただ志位さんとたつみコータロー参院議員が写っているものは踏ん張ってくれていました。最後に側溝を見ると20cm四方くらいの金属板が落ちているではないですか。よく見ると表面に「T田」と書かれています。2軒東側のおうちの郵便受けの一部でした。
 そうこうするうち「屋根やられてるわ」と妻の叫ぶ声が聞こえてきました。あわてて2階にあがると物干しのトタン板の一部が破損しています。古い屋根だったのでこれくらいの被害ですんでよかったと思うべきかもしれません。
 さらにに言うと、裏庭にご近所から飛んできたと思われる発泡スチロールの箱が転がっていました。生協の商品入れだと思われましたが中身は入っていませんでした。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2018-09-06 09:57