維新が子どもの医療費助成、少人数学級を言い出しました ―9月市議会傍聴記―

 18.9.27
 25・26日の池田市9月議会一般質問の傍聴に行きました。わが党の議員団は子ども医療費助成の18歳までの拡大ときめ細かい教育を保障する少人数学級(35年学級)の拡大を毎議会のようにとりあげ、今議会でも市にその実現を迫りました。
 子どもの医療費助成拡大については市長も最近前向きな姿勢をしめされていますが、少人数学級については「小中一貫教育も英語教育もやってるし…」(教育長)と歯切れが悪い。はっきり言って教育委員会は「やる気なし」って感じですね。
 ところが、ここで思いもかけぬ「援軍」が現れました。今まで市立池田病院の民営化など、市民サービスの切り捨てに大変熱心だった大阪維新の市議が突然子ども医療費助成拡大と少人数学級拡大を言いだしたのです。「まず維新松井知事に言えよ」という声も議場に飛んでいましたが、市民サービスの拡大はいいことです。大いにその実現のためともにがんばろうじゃありませんか(16/5/20・17/5/1付当ブログ参照)。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2018-09-27 05:47 | 住みよい石橋・豊島の街めざして