「あなたを見習って、私もがんばります」 ―本土と沖縄の心が一つになりました―

 18.10.7
 沖縄県知事選挙を巡るちょっといい話。
「なんとしてもデニーさんを勝たせたい」
 その一心で電話帳をもとに上から下まで電話をかける、所謂「ベタ電話」に取り組む決意をした池田市内在住のSさん。電話機の前に座ったのはいいのですが、いきなり受話器を持つ手が止まりました。書かれている苗字が読めないのです。「これ(金城)って『きんじょう』さん、それとも『かねしろ』さん?喜屋武、我那覇、真栄田…、どない読むねん??」。
 しかしそこは何でも前向きのSさん、
「なんとかなるわ。わからへんかったら(相手の)名前言わんかったらええだけのことやし」
 覚悟を決めてかけ出したSさん、相手の反応のよさにまずびっくり。大半の方から「もうデニーさんに入れたよ」「がんばって!」の声が返ってきたのです。
「沖縄言葉がわからなくて『そうですねぇ』と相手に話をあわせてしまったことはあったけど(笑)、どなたとも初めて言葉を交わしたとは思えないくらいは話が弾みました」
 気分よくSさんが会話を続けていくうちに電話がつながった沖縄市のAさんから「あなた、本土から電話しておられんですか?」と聞かれました。「私の京都なまりがばれちゃったかな。『他所からかけてこんといて』って言わはるんやろか」と思っていたところ、Aさんから意外な言葉が返ってきました。「私、デニーさんに期日前投票してこれで選挙は終わりと思っていたけど、本土の人が一生懸命やってくれているんだから、私ももっとがんばらなきゃね。もう少し友だちに声かけてみます」とおっしゃたのです。
「本土と沖縄の平和を願う心、デニーさん必勝の気持ちが一つになったみたいで、本当に嬉しかったです」
 いつも物静かなSさん、その日は珍しくちょっと興奮気味でした。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2018-10-07 09:48

日本共産党 前大阪・池田市会議員  山元たけしの日々の活動を綴ります


by takeshi_yamagen
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る