人気ブログランキング |

「消費税増税=福祉の財源論」「大企業内部留保聖域化論」が崩れつつあります

 19.7.16
 昨日までの三連休、地元石橋4丁目を中心におよそ百人の方と会話し、「減らない年金、生活できる年金にします」「消費税増税を中止へがんばります」と参院選での支持を訴えました。
 そこで気がついたことが二つ。
 一つ目は年金制度確立にせよ消費税増税中止にせよ、それを行うにあたっては財源論にどうしても触れなければならないのですが、市民のみなさんがその少々込み入った話に興味を示してよく聞いてくださったこと。
 二つ目は少し前まで流布していた体制側の理屈が大きく崩れつつあることです。
 一つは「消費税増税=福祉の財源論」。この理屈が成り立たないことは消費税導入以来の30年の歴史が証明しています。「もうだまされないぞ」と言ったところでしょう。
 もう一つは「大企業内部留保聖域化論」です。大企業あっての日本経済だから大企業のためこみ(内部留保)には手をつけないという論が完全に崩れた観があります。その背景には「税金はお金のあるところからとるのが当たり前だ。国民の暮らしが苦しい中、大金持ちと大企業は応分の負担をせよ」の声の高まりがあります。
 この二つの理屈が説得力を持たなくなる中、玄関先であっても少しお話をすれば、多くの方(さすがに全てとは言いませんが…)が日本共産党をご支持願えるというのc0133503_08590326.jpgが私の実感です。あと1週間弱、より多くの方とお話することが選挙勝利にとって決定的に重要だということです。
 明日(17日たつみコータローが池田(石橋)に参ります。
  午後4時00分 阪大門前(阪大下交差点上)
    4時55分 阪急石橋駅東口
    5時15分 阪急石橋駅西口 
   お誘いあわせのうえお越しください。


by takeshi_yamagen | 2019-07-16 06:24

日本共産党 大阪・池田市会議員  山元たけしの日々の活動を綴ります


by takeshi_yamagen
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る