人気ブログランキング |

戦争の事実、隠しても隠しても… ―初代宮内庁長官の手記に接してー

c0133503_15073456.jpg
 19.8.25
 初代宮内庁長官を務めた故田島道治氏が昭和天皇との詳細なやりとりを記録した資料が公開されました。日本の独立回復を祝う一九五二年五月の式典で、昭和天皇が戦争への後悔と反省を表明しようとしていたとのこと。天皇も戦争責任を感じていたことを伺え、興味深いものです。
 また昭和天皇は南京事件にも「ひどい事が行ハれてる」と聞いたとした上で「此事を注意もしなかつた」と悔やんだとの記載があります。「南京虐殺」はなかったと一部の右派の人々は主張しますが、虐殺の事実はちゃんと天皇の耳にも届いていたとが明らかになったわけです。「従軍慰安婦に軍が関与していなかった」という主張がほかならぬ軍幹部だった中曽根康弘元首相の雑誌上での告白ででたらめだったことが明らかになったことがありましたが、事実は、意外に権力の中枢に近いところからポッと明らかになるもんなんですね。



by takeshi_yamagen | 2019-08-25 08:17

日本共産党 大阪・池田市会議員  山元たけしの日々の活動を綴ります


by takeshi_yamagen
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る