人気ブログランキング |

朋遠方で再会し白球を論ず ―ヤマゲンの沖縄かけある記 番外編②―

 19.9.9
 沖縄の余談、もう1回だけおつきあいを…。
安仁屋宗八はとっても有名人です
 20日の夜前の職場の後輩のN君(本土出身 那覇在住)と県庁近くのお店でおよそ20年ぶりの再会を喜びあいました。
 話題は互いの近況報告に始まって今の職場のこと、そして野球談議へと移っていきました。私が「沖縄は高校野球熱高いって聞くけど…」と話を振ると、N君は「本当です。勝ち進むと仕事が休みになるところも多いですよ。沖縄代表の試合中は家電量販店のテレビ前では人だかりができます。そんな買わない?客に店の人がお茶をふるまう風景もよく見られますよ」と話され、「そうそう、沖縄初のプロ野球選手安仁屋宗八さんは超有名人ですよ」と続けられました。某在阪球団で活躍された方ががんばっておられるのを聞くとやっぱりうれしいですね。
沖縄でブラヤマゲンc0133503_06493638.jpg
 沖縄に行かれた方なら気づかれた方も多いと思いますが、沖縄の岩礁は水面から1.5~2mくらいのところまで大きくえぐれたものが多く見受けられます(写真)。無人島ヨウ島ツアーでお世話してくださった福岡出身のスタッフのおねえさんに聞くと「海水面が上昇した時に削られたものです」と言われ、「え、それって縄文海進(※)の時ですか」と問い返すと「そうですね。よくご存じで」と答えが返ってきました。沖縄で思いがけずブラタモリならぬプチブラヤマゲンを楽しみました。
オオカミ少年は誰も知らない
 もう一つヨウ島ネタ。
 上陸の際「原住民」に扮したスタッフに、♪ワァオ、ワァオ、ワァオ~、ババンババンバンバンババン、ババンババンバンバンババン…の大合唱で迎えられたのですが、当日の参加者も歌っている当のスタッフも、私以外の全員が、それが60年代のテレビアニメオオカミ少年ケンのオープニング曲だとご存じありませんでした。あぁ、悲しきジェネーレーションギャップ…。

※縄文海進…およそ6千年前の縄文時代前期、温暖化が進み地上にあった氷が溶けたため地球的規模で海水面が上昇した現象。


by takeshi_yamagen | 2019-09-10 06:51 | 日本たびたびまた旅日記

日本共産党 大阪・池田市会議員  山元たけしの日々の活動を綴ります


by takeshi_yamagen
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る