人気ブログランキング |

舛添さん、手垢のついた国民だましは通用しませんよ      -生活保護改悪報道に接して-

 07.12.2 舛添さん、手垢のついた国民だましは通用しませんよ      -生活保護改悪報道に接して-_c0133503_1552734.gif
 「本当にこれだけですか」
 Aさんの通帳残金451円を見て私は思わず漏らしてしまいました。家賃はおろかその日の食費にもこと欠き、最後に藁をもすがる思いで共産党に電話をかけたとのこと。さっそく生活保護のお世話をさせていただきました。「この間、不安で2時間ほどしか眠れませんでした。これでじっくり休めます」とAさん。一安心です。
 さてその翌日、新聞一面に「生活保護 減額狙う 厚労相が検討表明」(『しんぶん赤旗』12/1付)の文字(写真)。舛添厚生労働大臣によると、低所得世帯より生活保護世帯の収入の方が高い例があるというのがその理由とのこと。巨悪から目をそらさせるため、国民を互いに反目させて分断した上で、全体の水準を下げようとするのは古今東西を問わず権力者がよくやる手です。「介護保険料」そして今度は「後期高齢者保険料」をサラリーマンの給与明細に記載し、さも要介護者や年寄りが社会の邪魔物のようにしようとするのと同じですね。
 それにしても舛添さん、東京大学を出られたわりには、国民のだまし方、姑息で芸がないですね。そんなことがいつまでも通用するとしたら大間違いですよ。
by takeshi_yamagen | 2007-12-02 15:55 | 建声元語 ―よもやま話―