人気ブログランキング |

元史建歴1 新しい時代の序章とともに生まれました

 07.12..9
 書くネタに困った時?折にふれ、私の半生について記していきたいと思います。
                         元史建歴1 新しい時代の序章とともに生まれました_c0133503_9405310.jpg
 歴史的な国民的大運動60年安保闘争の余韻冷めやまぬ1961(昭和36)年5月2日(火曜日)、私は、大阪市天王寺区の大阪逓信病院で、山元二郎・和子の長男として生まれた。ちなみに出産予定日は3月下旬だったらしく、「あんたは生まれた時からのんびりしてた」は母親の弁、私としてはメーデー(5月1日)を狙ったに過ぎないのですが…(写真は生後70日の私)。
 年表を紐解くと、日本共産党が同年7月27日、8回大会において綱領を確定して前進への礎を築きつつあった一方で、60年安保闘争の国民のエネルギーに脅威を感じた自民党池田内閣が60年10月に「所得倍増計画」を打ち出すとある。つまり、日本共産党、自由民主党の双方が新たな体制を固めつつある、まさに自共対決の原点とでもいう時期に私は産声を上げたわけで、当然その時代背景が私の人生にも大きな影響を与えることになるのだが、当時の私にはそんなことを知る由もなく、ミルクを飲まずにただひたすら母親を困らせることに「専念」していたに過ぎない。
 ちなみに61年生まれの著名人は、牛島和彦、香川伸行、ダイアナ妃、カール・ルイス、ナディア・コマネチ、三谷幸喜、中井貴一、田原俊彦、玉元晃(フィンガーファイブ)、浅野温子、石野真子、ジャガー横田、ついでにいうと競走馬のシンザン。結構個性派ぞろいですね。
by takeshi_yamagen | 2007-12-09 13:00 | 元 史 建 歴