平野屋新田会所が取り壊されそうです

 08.1.18c0133503_12205358.gif
 今朝、悲しい記事が飛び込んできました。大東市平野屋新田会所の取り壊し開始の記事です。
 同会所は江戸時代に同市内にあった深野池を開拓して作った新田の役所的な機能を持った施設で、江戸時代の建物や、米を大坂まで運んだ水路、船着き場など往時の姿をそそのまま留めている第一級の遺跡です。市民の間から党派を超えて保存の声が上がり、業者と公有化に向けた交渉が進められ、15日には共産党の山下よしき議員が文化庁に国指定史跡に仮指定するよう要請した矢先のできごとでした。
 実は私、昨年7月この会所の保存に関わっておられる小林義孝さん(私の前の職場である文化財センター時代の上司です)より、同会所の意義を現地で話してくれと言われたことがあります。最初は、あまりこの会所のことについては勉強していなかったので躊躇していたのですが、「歴史研究に携わっている市会議員などあまりいないし、しかも他市の人間だからこそ客観的に話せる」といわれて引き受け、この会所が、水から-ときには苦しめられながらも-多くの恵みを受けてきた大東市の象徴とでもいうべき場であること、公園など街づくりの核になりうる場であることなどを様々な事例を示してお話させていただきました。それだけに大変ショックです。
 今からでも遅くありません。ただちに工事を中止して、保存に向けて協議が進められることを願って止みません。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2008-01-18 12:23 | 歴 史 夜 話