元史建歴24 森絹子先生のこと③ 「みんなのためなら出るとこ出るよ」

 08.7.11
 ある長雨が続いたときのこと。外で遊べず、エネルギーをもてあましていた私たちは教室内でピンポンを始めた。
 そんなところに必ず現れたのが、校則違反を厳しく摘発するため、まさに特高警察のように学内を巡回していた「週番」と呼ばれた上級生のお姉さん(なぜか、お兄さんは記憶にない)。
 彼女たちに「教室での球技は校則違反です!」と即刻停止を命じられ、ひどく落ち込む私たちを見かねて、「雨ばっかり続いてるんやから、ちょっとぐらい大目に見てあげてもいいんじゃないかな」といつも助け船を出してくれたのが森先生だった。
 先生の行為は「教師自ら校則を破っている」と非難されても仕方ないことなのかもしれない。ただ一つ確かに言えることは、なにかことが起これば「あなたたちのためなら出るとこ出るよ」といった男気(!?)すら発揮して私たちを守ってくれた先生に対して、私たちは「先生はいつでも僕たちの味方だ」と絶対の信頼をおくようになっていったことである。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2008-07-11 13:25 | 元 史 建 歴