わが青春の石橋8 どんぐり山

 08.10.14
 今は住宅と駐車場になってしまったが、私の小学生の頃まで石橋4丁目の市営石橋住宅の南西隅に、子どもたちがどんぐり山と呼んでいた、直径10mほどの小さな塚があった。
 正式には産所前塚(さんじょまえつか)というこの塚、破壊される前に実施された発掘調査の結果、安土桃山時代までには築造されていた祭祀遺跡と推定されるに到ったが、そんな神聖な場所であったことなど当時の子どもは知る由もなく、夏はセミ捕り、秋は文字通りどんぐり拾いに興じていた。そして、なによりもいつでも思う存分木登りができたのが、どんぐり山の最大の魅力だったように思う。
 石橋の子どもたちにとって格好の遊び場だったどんぐり山。よく考えてみると、以前書いた待兼山まで足を伸ばさなくても、このようなプチワンダーランドが私の幼かった頃までは石橋、住吉地域のあちこちにまだたくさんあったように思う。
 今の子どもたちも彼らなりにワンダーランドを見つけているのだろうか。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2008-10-14 11:27 | わが青春の石橋