人気ブログランキング |

2008年 05月 13日 ( 1 )

元史建歴20 祖父山元正二のこと

 08.5.13
 わが家に『解放のいしずえ』(京都解放運動戦士の碑維持委員会編 1983年)という本がある。主に京都で社会進歩の運動に携わった故人の業績を記した本だが、その168ページに以下の記述がある。

 山元正二(1906~1976)
 京都市出身。戦前の洛北友禅労働組合に所属して労働組合運動に参加し、戦後洛北友禅労働組合員として活動した。61年京都旧友クラブに加入、76年2月21日死去。享年69歳。

 この山元正二こそ、私の父方の祖父である。
 祖父は現在の富山県小矢部市峰坪野の農家に生まれ(上記京都市出身は誤り)、京都で友禅労働者として働く中で労働運動に近づいていったようだ。洛北友禅労働組合では結構中心的な存在であったようで、1955年に開かれたその再建を話し合う会議も左京区にあった祖父の家で行われたことを、当時共産党の京都東地区委員会委員長だった寺前厳元衆議院議員に先日伺った。
 晩年の祖父が「山本宣治(戦前治安維持法に反対して右翼に暗殺された京都2区選出の労農党代議士)の葬式に行って警官に追い返された」「二郎(私の父)が生まれた時、治安維持法違反で網島警察(大阪都島区)にいた」などと話していたのを、私は断片的に記憶している。もっとも、酒が入ったときの話が多かったので、どこまで信じていいのかよくわからない。”しらふ”の時にもっと詳しく聞いておくべきだったと、今となっては悔やまれる。
 どなたか当時のこと御存知の方、いらっしゃいましたら御教示ください。  
by takeshi_yamagen | 2008-05-13 09:57 | 元 史 建 歴

日本共産党 大阪・池田市会議員  山元たけしの日々の活動を綴ります


by takeshi_yamagen
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る