積ん読・乱読・熟読日記2 川上貫一著『話のはなし』

 08.7.15
c0133503_17454320.jpg 議員にならなければ、おそらく今でも「積ん読」の運命を免れなかったと思われる本が、この川上貫一(1888~1968)著『話のはなし』(三一書房 1959)である。裏表紙に「200(円)」と鉛筆で書いてあるからおそらくずっと昔にどこかの古本屋で買い求めたのであろう。
 川上さんといえば、1951年アメリカ占領軍を批判し、不当にも議員を除名された後、53年再び旧大阪1区から返り咲いた不屈の日本共産党衆議院議員、その見事な演説が今でも語り草になっている人だ。
 さて、半世紀前のこの本、今読んでも納得する演説の心得が珠玉のごとく詰まっている。私があれこれ御託を並べるよりも抜き書きしたほうがいいだろう。
「すべて話には軸が大切である。バクロや反ばくは材料である。賞賛や罵倒は手段である。軸のない話は漫談である」
「話にのぞんで、なにもかも、みな言いたがるのは、知識や材料が、ありあまっているのではなく、倉庫がからっぽで、知識や材料が乏しいからである」
「…内容がなければ紋切り型になる。よくわからぬことを、わかったように話そうとすればするほど、大言壮語になる」
「…主観と押しつけに、気をくばることは、…なかなかむつかしいのである」
「よく知っていることを、よく整理して、たくみをつけず、すなおに話すという、このほかによい話をする法はないであろう」 
「聞いて気もちよく、よくわかり、ひとになんらかの共感を与えてやまない話というものは、その人が時代にたちおくれていないばかりか、まじめで謙虚で時代より一歩、前方を見つめている思想や人がらから自然にわきでる味わいなのではないだろうか。…話もまた人である」
どれも読んでいて耳が痛い。
 さらに川上さんは細かい点にも厳しい。
「原稿をもって、しかも、原稿からはなれて話をする。そういう話がいちばんよい」
「とくに、主婦たちの意見に気をつけ、多くの青年男女の批評をきく」
「腰に手をあてるクセは、よいものではない」
「きょろきょろは禁物…正面を見る」
「下をむいて、原稿ばかり見ると、話に精彩が失われる」
「(街頭演説を)終わって引き上げるときに、礼を失わぬように」
これまた自分自身に言われているみたいだ。
 結局、いい話をするにあたって大事なことは、現代風にいうならばKY(空気を読まない)になることなく、自分と聴衆をいかに客観的にみるかということ、そして不断の学習か。
 さらに付け加えるならば、川上さんのその姿勢は、岡山県、北海道、長野県、さらには大阪府など仕事で全国を回り、各地の風土や文化に接する中で育まれ、尾崎行雄、新渡戸稲造、賀川豊彦、山本宣治などそうそうたる人士の演説を聞くことによって、鍛えられていったのであろう。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2008-07-15 17:25 | 積ん読・乱読・熟読日記

市民の皆さんと考えながら走りぬけた一年でした

 08.7.15c0133503_14571491.jpg
「一年、あっという間ではなかったですか?」
ご近所の方から最近よく受ける質問です。
 しかし、実際は全く逆。年4回の議会、その間を埋めるように行われた二つの選挙(参院選と府知事選)等々、あまりにたくさんのことがありすぎて、1年前の自分の選挙がはるか昔のことのように思える、というのが実感です。 
 この1年、生活保護から道路の舗装、マンション問題に到るまでお世話させていただいた生活相談は30余件に上ります。
 そして、市議会では空港地域の地下道改良や石橋駅のバリアフリー化事業の早期実現など石橋・豊島地域の切実な要求を取り上げてきました。また、箕面川など水辺を生かしたまちづくりにも一歩踏み出すことができたのもうれしい限りです(写真は今井川を泳ぐオイカワ)。
 議会の「作法」に戸惑ったり、膨大な議案を前にたじろいだり、あるいは自らの勉強不足を思い知らされたりと、いくつもの壁にぶつかりましたが、持ち前の楽観性と開き直り(?)、そしてなによりも市民の皆さんの励ましで乗り切ることができました。
 今後とも、市の行革路線と戦い、市民生活を守る防波堤として、日本共産党5人の議員団、一丸となってがんばって参ります。よりいっそうのご支援のほど、どうかよろしくお願い申し上げます。 
(『日本共産党石橋後援会 後援会ニュース』第3号 08.6.28 より。一部加筆修正)
[PR]

by takeshi_yamagen | 2008-07-15 14:57 | 住みよい石橋・豊島の街めざして