「あんたらにがんばってもらわな、日本はどぉもならんのや!」

 08.9.30c0133503_12332315.jpg
 26日に9月議会が終わり、さぁ、解散総選挙に向けて大いに共産党の風をふかせていこうと、後援会の皆さんと、28日、豊島北1・2丁目と天神2丁目を意気高く練り歩きました。私も5ヶ所ほどで行き詰った自公政治の実態、選挙の争点をお示しし、アメリカにも大企業にもはっきりものいう日本共産党へのより一層のご支援を訴えました。
 すると、1台の軽トラックが私たちに近づいてきました。運転しているおじさんは少し険しい表情、こっちも少し構えていると、開口一番「あんたらにがんばってもろて50議席ぐらい取ってもらわな、日本はどぉもならんのや!」と叱咤激励の一言。
 私は礼を述べてから、共産党のパンフを渡して「お近くの方にどうか共産党への支援を広げてください」とお願いすると「おぅ、わかった」と言って去っていかれました。 
[PR]

by takeshi_yamagen | 2008-09-30 12:34 | 日本共産党はこんな政党です

9月議会の一般質問から③  雨水浸透ます補助は水に流すわけにはいきません

 08.9.30
 一般質問の最後は池田市の水害対策についてです。
 石橋周辺では、1994 、97年と2回にわたって大きな水害に見舞われました。
 その後、箕面川、今井水路などの急激な水位の上昇を防ぐため、これらの河川からの排水を促す施策が講じられてきています。同時に他所からの雨水流入を減らす努力が今後求められているところです。    
 私は、雨水を地下に浸透させる上で効果のある雨水浸透ますを、市民が設置する際に補助を出すべきであると市に迫りました。実は雨水浸透ます同様、雨水を一時的に貯蔵することのできる雨水タンクについて市側は「助成を前向きに検討する」と答弁したばかり(25日の一般質問)。当然、浸透ますについても同様の答弁があると思っていたのですが、「新築の際に設置を促す」というに留まりました。
 千葉県市川市では雨水タンク、雨水浸透ます両者の設置に際して市が助成を行い、水害の抑制に大きな成果をあげているとのこと。市民と協力して水害を防ぐという立場にたつのならば、市川市に倣って市が両者に助成を行うのは当然ではないでしょうか。少なくとも両者に差をつけるのは納得できません。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2008-09-30 12:16 | 市 議 会 日 誌

9月議会の一般質問から②  子どもたちに池田の歴史をどう伝えるか

 08.9.30
 一般質問の2点目は、池田市の文化財行政をめぐる質問です。
 ここ20年あまり、文化財行政に携わる職員の努力で、市内では次々に新しい遺跡や史料が発見され、今まで断片的な部分も多かった池田市の歴史が、まさに手の平に乗せて生き生きと語れるところまで到っています。 
 今、求められることは、この貴重な成果を市民に還元していく、特に次代を担う子どもたちの教育に生かしていくことです。文化財行政の担当者と学校の先生方がより協力しあうならば、身近な題材をもとに子どもたちの歴史に対する好奇心を育む、楽しい授業ができることを強調し、今後の歴史教育に対する見解を質しました。
 次に、歴史民俗資料館、市史編纂室、あるいは埋蔵文化財担当の職員など、文化財行政に携わる職員の力量を高めるため、各種研修や研究会・学会への参加を制度的に保障するよう求めました。それは市内の文化施設を結ぶ市の「ミュージアムツーリズム」構想を成功させる上でも大変重要です。
 そして、最後に文化財の保管施設について質問。保管場所が移動することに伴う文化財の破損、紛失といった、市の責任が問われかねない事態を招かないためにも、恒常的な文化財保管施設の必要性を示し、見解を求めました。
 市側の答弁は抽象的ではありましたが、概ね前向きであると感じられました。ただ、最後の質問で、文化財の保管施設と展示施設を混同されており、少し議論がかみ合わなかったのが残念でしたが。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2008-09-30 12:14 | 市 議 会 日 誌

9月議会の一般質問から①  解雇におびえて充実した市民サービスが提供できるでしょうか

 08.9.30
 9月議会の最終日、私は三つの課題(指定管理者制度のもとでの労働条件、文化財行政、水害対策)で一般質問に臨みました。

 まず、指定管理者制度のもとでの労働条件について、市の姿勢を質しました。
 池田市においても、市民文化会館や児童文化センターなど多くの施設に指定管理者制度が導入され、今回また葬祭場の指定管理者として市内の株式会社Sが指定されました(ちなみにS社はこれまで葬祭業務に携わったことのない会社です)。
 本来自治体が直営で運営すべきであるこれらの公共施設への指定管理者制度の導入や民間委託化が進む中、施設で働く労働者の労働条件の悪化が進み、それが住民サービスの後退につながることが懸念されています。
 ところが、池田市の指定管理者制度の要綱などを見ても、その指定にあたって、そこで働く労働者の労働条件についての記述はほとんどありません。そこで、私は指定管理者選定にあたっては、公募条件の一つとして賃金単価基準も示し、審査項目に労働者雇用の際の最低賃金の記述を求めるなどの措置が必要であると迫りました。
 また、指定管理者の導入・変更に際して、労働者が解雇される恐れがあるので、芦屋市では市立文化施設の管理運営を行う指定管理者を選定する際に、これまで施設で働いた従業員の雇用を条件にするなどの措置をとっています。池田市でも同様の措置をとるべきであると迫りました。
 市側は、「法は守るように指導している」「労働条件は指定管理者側が決めること」と消極的姿勢に終始。これでは充実した市民サービスが維持できるのか、疑問です。これからも注視していかねばなりません。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2008-09-30 12:10 | 市 議 会 日 誌