人気ブログランキング |

2009年 10月 15日 ( 1 )

実は私…、オカマなんです ー滋賀県春日北遺跡を訪ねてー

 09.10.15実は私…、オカマなんです ー滋賀県春日北遺跡を訪ねてー_c0133503_18351037.jpg
 先日、久々に休みをとってゆっくりしようか、と思っていたところ、阪大のN君から「滋賀県で10世紀の緑釉陶器(※)の窯を調査してますよ」という話を伺い、急きょ滋賀県甲賀市(旧水口町内)の現地(春日北遺跡)を訪ねることにしました。 
 窯は全長2.7mと小さく、その上部はすでに削り取られていましたが、一目見て土器を焼く焼成室の下に炎を通す溝を設けた所謂ロストル式の窯であることがわかりました。
 さらに調査担当のHさん(滋賀県文化財保護協会)の話によると、丘陵斜面の土を大きく取り除いたところに窯体を築きあげた地上式の窯であるとのこと。すぐさま「こうすれば、地下式の窯に比べ窯壁が温もりやすいんです」とK先生が的確に指摘されました(なるほど…)。 
 また、少し下がって改めて周辺を眺めると、窯は両脇が少しだけ低くなる尾根筋の斜面にあり、焚口は細かい砂の層を掘り窪めて作ったことが見てとれました。窯業では水は禁物、「この窯も水はけのよいところを狙ったのでは?」と私も問題提起。
 一方、F先生は窯内の火の巡り方を復元すべく、さかんに窯内各部分の焼け具合を観察され、阪大のN君、M君は専ら土器の出土状況からその焼き方の解明に挑んでいました。
 そんな具合にオカマ仲間と、あぁでもない、こうでもない、と言い合いながら、往時の窯を復元していく過程の楽しいこと!窯を極めるオカマ道、やめられそうにありません。
 ※平安時代に近畿、東海で生産された緑色の釉(うわぐすり)をかけた土器 
 
by takeshi_yamagen | 2009-10-15 10:58 | 歴 史 夜 話

日本共産党 大阪・池田市会議員  山元たけしの日々の活動を綴ります


by takeshi_yamagen
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る