人気ブログランキング |

2009年 12月 30日 ( 1 )

わが青春の石橋18 お化け屋敷

 09.12.30    
 天神小橋から少し下った箕面川の左岸(住吉1丁目側)、現在スーパーのシェフカワカミがあるあたりは、私が小学生の頃までは、さすがの悪ガキ連中でさえ容易に近づけない、鬱蒼と樹木が生い茂る森になっていた。 
 さて、その森の中に木造の古めかしい建物が1棟建っていた。この建物、2階建てなのだが、建坪が小さいこともあって、やけにひょろっとしており、1階部分には柱が見えるだけで、一体どこが2階への入口なのかよくわからなかった。また、隣に榎らしい大木があったこともあって、一見したところツリーハウスのようにも見えた。
 家というより小屋といったほうがいい、この不安定で奇妙な建物は、対岸の通学路からよく見えたこともあって、子どもたちには大変気になる存在であった。人が住んでいる気配もなかったので、口の悪い級友は「絶対お化け屋敷やで」とあちこちで吹聴していた。
 ある日、この建物の正体を確かめるべく、私は悪ガキ仲間数人と探検を敢行、ブッシュをかき分け、やっとの思いで現地に到着した。しかし、お化けが現れるわけでもなく、建物の2階部分によじ登ることもできず、ちょっと欲求不満のまま「帰ろうか…」と思っていたところへ、建物の所有者らしき女性が突然現れた。「怒られるのかなぁ」と少し身構えていたところ、女性は、その建物が台風(第2室戸台風?)で家が壊された時に残った部分であり、今は倉庫として利用していると、その由来を丁寧に話してくださった。
 ことの意外な展開に驚きつつも、お化け屋敷の謎を解く当初の目的を達した満足感に浸りながら、私たちは現地をあとにした。
 
by takeshi_yamagen | 2009-12-30 04:28 | わが青春の石橋

日本共産党 大阪・池田市会議員  山元たけしの日々の活動を綴ります


by takeshi_yamagen
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る