2009年最後の日、徒然なるままに日暮しパソコンに向かいて…。

 09.12.31
 今年は本当に激動の年でした。とりわけ私が感慨深く思うことは、総選挙の結果に国民は力を合わせれば悪政を終わらせることができると、確信を持ったことではないでしょうか。歴史は間違いなく一歩前進しました。
 そして誕生した鳩山政権。今、大きく揺れていますね。子ども手当などちょっといいことも、そのかわりに配偶者控除や扶養者控除を廃止するとは頂けません。お金がないのがその理由とのことだが、おいおい、これじゃ、庶民にとってはタコの足の食い合いです。
 沖縄県民を含め国民の悲願である米軍基地の撤去についても、当初の国外移設もアーミテージとクリントンに恫喝されて、県内移設にトーンダウン。国外移設では抑止力に差し支えるというのがその理由とのことです。
 しかし、国民は、今、考え始めています。
 本当に日本に金はないのだろうか。この不況時にも大企業には200兆円を超えるため込みがあるではないか。米軍の引っ越し費用や支持もしない党に税金を渡す政党助成金など、国民にしわ寄せせずに削るところはいくらでもあるではないのか。
 安保は対等平等な条約というけれど、恫喝されて”しゅん”となるような関係は果たして対等平等といえるのだろうか。抑止力という名の「武力を使うぞ、使うぞ」と相手を脅かすことを前提にした、ハリネズミみたいな理屈がいつまでも世界に通用するのだろうか(武力による威嚇は憲法で禁じられていますぞ)。
 来年は、さらに国民が考え抜いて新たな希望をつかむ年になりそうです。

 さて、先日、公明党が自民党と距離を取り始め、民主党に接近しつつあるとマスコミが報じていました。「あぁ、やっぱり。権力の蜜って本当に甘いんだなぁ」というのが、多くの人の感想ではないでしょうか。それにしても自民党との政権公約はどこに行ってしまったんでしょうね。「下野したから”ちゃら”」とばかりに、自民党と絶縁して、さっさと水に流してしまうのはあまりに虫がよすぎる話。

「水に流す」で思い出しました。
 実はわが家の風呂洗いの当番は私です(土日は息子)。以前はその日のうちに洗っていたのですが、今は翌日の朝に洗っています。その転機はやはり阪神淡路大震災。被災地での水不足を目の当たりにしてできるだけ水を貯めておく時間を長くするようにしたわけです。また、風呂の水は流しきらずに少し残して風呂洗いに再利用しています。
 そこまでなら、実践しておられる方も多いと思いますが、感心したのはわが党の垣田千恵子議員の心がけです。下水に水が集中して溢れることを防ぐため、大雨の日はできるだけ水を使わないようにされているとのこと。市民のちょっとした気遣いが広がっていけば、災害の被害を抑えられるわけですね。
 でも、国民の皆さん、自公政権に苦しめられたことだけは、決して水に流すことなく心にとどめておこうではありませんか。未来のよりよい選択のためにも…。

 いろいろ書いてきましたが、今年は、働く者の生活と権利を守って、日本共産党池田市議会議員団は本当によく闘った年だったなぁ、というのが実感です(自分で言うのも何ですが…)。

 さぁ、あと2時間で私の年、丑年は終わります。
 国民誰もが、家族団欒、当り前の生活を送れる社会を、牛の歩みとなるかもしれないけれども、着実に実現していこうではありませんか。12年後が楽しみです。
 皆さん、よいお年をお迎えください。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2009-12-31 22:14 | 建声元語 ―よもやま話―