山元たけしの あの日その時、そしてこれから

yamagenta.exblog.jp

日本共産党 前大阪・池田市会議員  山元たけしの日々の活動を綴ります

ブログトップ

2010年 05月 03日 ( 4 )

 10.5.3
 お酒が入って、2次会、3次会と進むにつれて話題の中心が当時の恋愛話に移っていくのは同窓会の自然な流れ。
A「Oさんはちょっとアグネス・ラムに似てて、憧れてたなぁ(例えに時代が出ます)」
B「俺はKさん派。4ヶ月でふられてしもたけど…」
C「僕はMさんとつきあってた」 
D「へぇ~、知らんかった。目元がかわいい子やったなぁ」
E「僕はHさんが好きやったなぁ。2年の文化祭の時の白いタイトスカート姿が印象的だった」
F「X君、かっこよかったなぁ。一緒にコンサートにも行ったし…。実は私から告白してん」
D「わかる、わかる。X、かっこよかったもんなぁ」
E「ところで、Sさんも隠れファンが結構多かったんやで」
B「そう言えば、3年の時、能勢のHの家まで行って肝ためししたん、覚えてる?」
A「思い出した!○組主催やのになぜか俺も行った。女の子とペアで結構どきどきした」
 とても実名は出せません。悪しからず…(当たり前や!)。

 2年前の倍近い160人もの仲間を集めてくださった幹事の皆さん、楽しい同窓会を本当にありがとうございました。参加者みんなの明日からの生きる活力になっていくことと思います。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2010-05-03 01:27 | 山元のすべらない話
 10.5.3
 ある同窓生曰く「ヤマゲン君て、本当はヤマモト君やったん?」。同じクラスになったことのない子だったとはいえ、同窓会の会場でこんな古典的な!?質問が出るとは思いもよりませんでした。かと思うと池田在住のS君の口からは「ヤマゲンが一番暇や」とちょっと聞き捨てならない爆弾発言が飛び出しました。よく聞くと「暇やから駅前でしょっちゅう演説してるんとちゃうの?」「それが仕事じゃぁ~」。
 演説と言えば「30年前にもヤマゲンの演説聞いたで」と言う子も。高2の時、福田内閣が成立を狙った有事立法に憤慨した私は、当時共産党が発行していた黄色い表紙のパンフレットを使って、放課後教室でその危険性を級友に訴えたのですが、どうもそのことを覚えてくれていたようです。恥じることではないけれど、やっぱりちょっと恥ずかしい思い出ですね。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2010-05-03 01:19 | 山元のすべらない話
 10.5.3
 30年ぶりの再会が続きます。
 当時から姉御肌だったKさん、最初は普通のお勤めだったのが、一念発起して東京でパブを開業、今は帰ってきて、少林寺拳法で体を鍛えながらヘルパーステーションを切り盛りしているとのこと。期待を裏切らない?波乱万丈の人生を送っておられます。
 Nさんも高校卒業以来です。実は当時私はなぜか彼女に避けられていて、「なにか気分を害することをしたのなら、彼女に謝らなければならないなぁ」とずっと気にかかっていました。思い切ってそのことを彼女に切りだすと、彼女は笑って「そんなこと、あったかもしれないけど、みんな若かったってこと」。30年目でやっと区切りをつけることができました。
 
[PR]
by takeshi_yamagen | 2010-05-03 01:16 | 同 窓 会
 10.5.3c0133503_1349266.jpg
 先日お伝えしたように1日は箕面高校15期生の同窓会。私もメーデー終了後にその足で駆けつけました。
 K君とAさんの軽妙な司会で始まった同窓会、ほどなく当時の写真、そして現在脚本家として活躍しているH君が撮影した貴重な8ミリ映像が、キャンデーズや世良公則とツイストの曲をBGMに前方のスクリーンに映し出されます。会場から思わず「懐かしい」「恥ずかしいわ」の声。オーバーオールが時代を感じさせます(箕面高校は私服OKなのです)。
 会の進行は3年のクラスから1、2年のクラスへと順次テーブルを移動していくというもの。この粋な計らいのおかげで、3年間の全てのクラスメートと話が弾みました。
 今回最も驚いたのは、大手百貨店の部長をしているM君。そのあまりの重役然とした姿に「もう年金もろてるんか」の突っ込みが入ります。かと思えばK君なんかは当時のまんま。周囲に青春エキスをふりまいていました。
 また、「今、池田に住んでいるよ」と言う同窓生がそこそこいたのはちょっと意外でした。一瞬票数を考えたのは議員の悲しい性か!?
[PR]
by takeshi_yamagen | 2010-05-03 01:06 | 同 窓 会