2010年 05月 29日 ( 1 )

怒!米軍基地辺野古移設① 「安保が大事」と言いながら安保条約に違反するこの矛盾

 10.5.29
 28日、日米両政府は普天間基地の移設先を辺野古とする共同発表を行い、怒りの声が全国に広がっています。
 ところで、今朝の「しんぶん赤旗」の「潮流」は、1960年に結ばれた新安保条約の前文に「日本国及びアメリカ合衆国は、両国の間に伝統的に存在する平和及び友好の関係を強化し、並びに民主主義の諸原則、個人の自由及び法の支配を擁護することを希望し…」との文言がある、また、鳩山首相が、今年1月、安保調印50周年にあたって、わが国は戦後ずっと「自由と民主主義を尊重」してきた、それもこれも「日米安保体制」があったからだと発言していた、といった興味深い事実を指摘しています。
 つまり、自民党政権も民主党政権も安保条約が民主主義とセットであることを強調してきたわけです。
 で、あるならば、沖縄の全ての自治体の長(代理含む)が参加した9万人の県民集会、辺野古案を拒む名護市長の誕生、9割の島民の基地反対の署名を集めた徳之島、たまらず「本土」に協力を求めるも、全国の知事から総スカン(唯一の例外は、鳩山首相に理解を示したわが大阪の橋下知事!?)…、まさに「基地はいらない」は沖縄の、そして全国の声であるわけで、その声に耳を貸さないことは、他ならぬ民主主義を謳う日米安全保障条約に違反すると、私は思うのですが、皆さん、いかがでしょう。
 
 本日(29日)午後3時より、カルチャープラザ(池田市民文化会館西隣 旧生涯学習センター)において「池田のまちづくりシンポジウム」(日本共産党池田市議会議員団主催)が開催されます。お誘い合わせのうえどうかお越しください。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2010-05-29 09:11 | 建声元語 ―よもやま話―

日本共産党 前大阪・池田市会議員  山元たけしの日々の活動を綴ります


by takeshi_yamagen
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る