人気ブログランキング |

2011年 03月 07日 ( 1 )

お店は儲かり、市民も喜び、市税に貢献… ―住宅リフォーム助成制度―

 11.3.7
 飲食店を営む同級生のA君。
「売り上げが減って、消費税分を払うのも四苦八苦やで」と嘆くことしきり。「ぎょうさん食べて飲んでくれる建設業のおっちゃんが来てくれんようになったんは、特に痛い」と続けました。
 不況が長引く中、町の工務店、大工さんの苦境を改めて思い知ったのですが、一方で家の改築、リフォームはしたいという声も結構聞きます(実は私もそうでした)。全面建替えや新築はさすがに経済的にしんどいけれども、部分的な手直しならしたいと言うわけです。
 そんな思いを後押しするものとして今注目されているのが住宅リフォーム助成制度です。市民が自宅を改築する時、市内業者への発注を条件に一定額を補助しようというもので、すでに全国で約200の自治体で実施され、県レベルでも秋田県で実施されています。
 その恩恵は工務店や大工さんだけにとどまらず、ガラス、板金、塗装、左官、たたみ屋、造園業など各業種に波及し、「リフォームするからにはこの機に…」と電気製品を買いそろえる人も多いでしょうから電気屋さんも儲かります。どこでも、自治体の出したお金の10倍、20倍のお金が動いたと報告されています。市税の伸びに貢献することは言うまでもありません。当のA君にこの話をすると「これはぜひ実現してや」と励まされました。 
 この市民の消費を確実に刺激し、地域の活性化につながる住宅リフォーム助成制度、ぜひ池田でも実現していきたいものです。
by takeshi_yamagen | 2011-03-07 18:10 | 2011年市議選 

日本共産党 大阪・池田市会議員  山元たけしの日々の活動を綴ります


by takeshi_yamagen
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る