6月・JUNE―、新たな気持ちで再出発です

 15.6.1
 みなさまご無沙汰いたしております。
 私にとって4月26日市議選における僅差落選の衝撃は思ったより大きいものがありました。「ご支援くださった皆さんに合わす顔がない」との思いから、軽い「外出恐怖症」「対人恐怖症」に陥り、今も完全に克服したとは言い難い状況であり、その余波で当ブログも開始以来最長の長期休載となってしまいました。
 それでも大阪市の住民投票では市内に少しお手伝いにでかけ、辻々で「大阪市を守りましょう」と訴え、5月17日僅差とはいえ勝利し、橋下引退に追い込んだのはうれしい限りです。
「(住民投票は)いいリハビリにもなったな」と思っていた翌18日、今度はなんと豊中在住の義父坂中弘志が急逝、19日お通夜、20日葬儀とバタバタしてしまいました(義父は共産党にも籍があったので5月20日付赤旗訃報欄に掲載して頂きました)。
 5月下旬は、議員団の市議会活動のお手伝いに行ったり、戦争立法阻止の宣伝に立ったり、そして一昨日、昨日は「赤旗」拡大に地域を歩いたり―日刊紙2部、日曜版2部が増えました―と、ボツボツ活動を再開しつつあります。 
 さて5月は家にいる時間が増えたこともあって、今まで少しずつ構想を温めていた小説を―原稿用紙50枚ほどの政治性はまったくない短編小説です―を一気に書き上げることができました。さらにもう一つのいい話は、体重がおよそ15年ぶりに○5キロを下回ったこと。リバウンドしなければいいんですけど…
 わが人生でも稀に見る嵐が吹き荒れた2015年4月・5月の近況、まとめて報告申し上げた次第―。

 追伸;ブログをなにかの拍子で長期休載してしまうと、いろいろな思いや経験、行事が次々詰まってきてなかなか再開しにくくなります。やはり間を置かずに継続して書き続けることは重要ですね。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2015-06-01 04:36