山元たけしの あの日その時、そしてこれから

yamagenta.exblog.jp

日本共産党 前大阪・池田市会議員  山元たけしの日々の活動を綴ります

ブログトップ

2017年 06月 29日 ( 1 )

 17.6.29c0133503_11482841.jpg
 東京都議会議員選挙で異変がおこっています。
 投票先を決めていないと答えた方が日を追うごとに増え、なんと6割近い人が未だに悩んでおられるという、普通の選挙とはまったく逆の事態が進行しているのです。安倍政権の暴走で自民党、公明党から支持がどんどん離れていっているのです。安倍首相は街頭に立てない事態になっているのです。
 一方で日本共産党への期待が高まっています。どの調査でも支持率は公明党を上回って第三党となり、中には12.2%(前回調査+4.2%)と大幅に上昇し、自民党(19.5%)の尻尾が見えてきた調査結果さえ出だしました(JX社調査)。
 世論調査に一喜一憂してはいけません。しかし、今東京ではかつて経験したことのない歴史的な事態が進行していることは間違いありません。

 年金カット、カジノ、秘密保護法、戦争法、共謀罪、森友・加計疑惑―、憲法違反の暴走をすすめてきた安倍政権与党はこの国と東京都の未来を語れないでいます。自民党は的外れな弁解に終始し、公明党は聞くに堪えない共産党批判を叫ぶのみです。
 都民ファーストのみなさんは都政改革を語り「築地を守る」といいます。築地を売却せず市場として機能を確保するというのは前向きだと思います。そうであるならばなぜ安心・安全が確保されない豊洲移転を進めるのか。なぜ豊洲移転を推し進めてきた公明党と組めるのか。これで本当に都政を改革できるのか、率直な疑問が残ります。
 安倍政権の暴走を支え都政の闇をつくってきた自民党・公明党か、国と都の悪政から体をはって都民の暮らしを守って戦ってきた共産党か―、都議選の真の対決軸はここにあります。

 社民党の方、新社会党の方、自由党の方、そして元公明党の副委員長、さらには数え切れない多くの市民が勇気を出してマイクを握り「保育所増やして」「国保料あげないで」「共謀罪廃止を」「今度ばかりは自民にお灸をすえたい」と自らの願いを共産党に託してくださっているのもかつてなかったことです。
 築地のある中央区では「築地を守るのに右も左もない」と本来自民党支持の人も共産党支持の人も、「築地を守れ」の一点で団結し、まさにオール築地で無所属候補(共産党推薦)勝利のために立ち上がっておられます。
 東京都にお住みのみなさん、投票に足を運んでください。共産党に一票を投じてください。全国のみなさん、年賀状、携帯電話の電話帳などあらゆる手段を通じて東京在住のお友だち、ご親戚、お知り合いに共産党への支持を訴えてください。お声をかけてください。
 日本共産党の躍進で首都東京からそして悪政の限りをつくしてきた安倍自公政権に厳しい審判を下そうではありませんか!

 投票日まで三日です。もう三日しかありません。しかしまだ三日あります。この三日を、首都を変え歴史を揺るがす三日間にしていこうではありませんか。
 ご一緒にがんばりましょう!
[PR]
by takeshi_yamagen | 2017-06-29 10:40 | 打倒!安倍政権