政府と国会は被災者の救命・救助、被災地の救援、復旧に全力を!

 18.7.9
 西日本を中心とした豪雨被害は、9日にかけて広い範囲に拡大しました。毎日新聞のまとめでは9日午後0時半現在、13府県で105人が死亡、87人が安否不明、被害の全容は未だ分かっていないとのこと。残念ながら事態は最悪の方向に向かっているようです。御遺族のみなさまにお悔やみ申し上げるともに被災された方に心よりお見舞い申し上げます。
 日本共産党の小池晃書記局長は、多大な犠牲者を出した豪雨災害を受けて、「豪雨による被害が広範囲かつ深刻です。国会は災害対応を最優先にして、月曜からの『参院選挙制度改革』『カジノ実施法』などの審議を止め、秋の臨時国会に先送りすべきです。政府は首相の外遊を中止し、全力で被災者の救命・救助、被災地の救援、復旧にあたるようにすべきです」との談話を発表いたしました。
 なお先ほど安倍首相が外遊を取りやめたと報じられました。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2018-07-09 13:31