石橋駅ホームドア、待ったなし ―政府要請行動で国会に行ってきました―

 18.7.30c0133503_8365622.jpg
 25日(水)、上京し、府内地方議員のみなさん、近畿選出の共産党国会議員のみなさんと国会要請行動を行いました。会場の衆議院第2会館第7会議室は集合時間である午前10時には府内各地の住民のみなさんの要求を掲げて参集した40人余の地方議員などですでにぎっしり。熱気むんむんです。
 交渉は各省庁の職員が入れ替わり立ち替わり来られてあらかじめ渡しておいた要望への回答をもらった後若干の質疑を行うという流れで進められました。
 私は、国土交通省との交渉で職員が駅の安全対策について「乗降客数10万人以上の駅のホームドア化を2020年目標に進めている。目標は800で現在686駅まできている。10万人以下でも諸条件を考慮してすすめる」と答弁したのを受けて発言しました(持ち時間1分)。以下全文。
「池田市内にある阪急宝塚線石橋駅は構内で線路がカーブしておりホームとの間に隙間ができ転落事故が起こらないか市民のみなさんから心配する声が絶えず上がっています。宝塚線は近年高架化がすすみ、その際に線路のカーブを解消した駅(三国駅)もあるのですが、石橋の場合、飲食店が駅の直近に迫っていて賃貸契約が複雑なこと、箕面線が分岐していること、駅の直近にすでに二つの国道の高架橋があることなどから、高架化をすすめる上で障害が多いというのが現状です。過日の定例市議会で市当局もホームドア設置について前向きな姿勢を示しており、先ほど乗降客10万人以下であっても柔軟に対応する旨の話があったわけで(石橋約5万人)、国としても阪急任せにせず、財政的行政的な施策を講じていただくことを強く求めて発言を終わります」
 思いは通じたでしょうか。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2018-07-30 08:37 | 住みよい石橋・豊島の街めざして