2018年 09月 14日 ( 1 )

浅野さん、ありがとうございました

 18.9.14
 若い頃からお世話になってきた浅野弘樹さん(元府会議員)の訃報を今日の「赤旗」日刊紙で見つけました。10日に亡くなられたとのこと。享年90歳。
 浅野さんからは共産党の旧豊能地区委員会時代に折にふれ党の方針のことから一般常識(例えば電話の受け答えなど)に到るまでさまざまなアドバイスを受けてきました。
 いつぞやの府議選の集会で寸劇をすることになり「浅野やから『忠臣蔵』しよう」と話をすすめていたところ、それを聞いた浅野さんは「最後切腹せなあかんなぁ」と苦笑い(私たちは「忠臣蔵」のストーリー全体に思いが及んでいなかったのです)。あわてて変更した演目がなぜか「遠山の金さん」。全くちぐはぐでお粗末な話ですが、今となっては懐かしい思い出です。
 また、ある集会で披露された「太平洋戦争末期、江口朴郎先生(西洋史家 後東大名誉教授)が教壇から『この戦争は負ける』と宣言し、『私の発言を快く思わないのなら当局に告発してもかまわない』と続けられたのですが、誰一人そんなことはしませんでした」との兵庫県の旧制中学校時代のエピソードは私の記憶に強く残っています。
 そして晩年は同じ豊中市庄内に住まう父と懇意にしてくださいました。
 浅野弘樹さん、長い間ありがとうございました。どうか安らかにお眠りください。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2018-09-14 19:04 | 墓碑銘 ー送ることばー