藤木「勘兵衛」の旗のもと豊中総合法律事務所は10周年を迎えられました

c0133503_12524329.jpg

c0133503_12531710.jpg
c0133503_12534423.jpg
 18.10.29
 27日、日頃法律相談でお世話になっている豊中総合法律事務所開設10周年記念祝賀会にお邪魔しました。
 辰巳コータロー参院議員、宮本たけし衆院議員、石川たえ府議のあいさつの後、職員のみなさんからこの10年を振り返る発言が続きました。中でも興味深かったのは開設時のお話。北大阪総合法律事務所内で「新たに郊外の豊中に弁護士事務所をつくろう」となったまではよかったのですが、「裁判所も自宅も遠くなるのでしんどい」「採算取れるのか」という声が相次ぎ「誰が行くか最後はくじ引きで決めました」との秘話に会場は大きな笑いに包まれました。

 そんな開設時の苦難(?)を乗り越えて、当初4人(弁護士2人)で始まった事務所も今や7人(弁護士4人)へと大きく発展。この「7人の侍」が勘兵衛こと?藤木邦顕弁護士のもと、池田、豊中、箕面など豊能地域筋の住民の秩序と安寧を守り、時には悪い野武士をやっつけて日夜がんばってくださっています。
 最後に御年90歳の橋本敦さん(元日本共産党参院議員 弁護士)が「豊中は幼い頃過ごした懐かしい土地。また(豊中総合法律事務所に)雇ってもらおかな」と元気に8人目に立候補され会場を沸かせてくださいました(写真)。

 豊中総合法律事務所のみなさん、今後ともどうかよろしくお願いいたします。

[PR]

by takeshi_yamagen | 2018-10-29 12:57