山元たけしの あの日その時、そしてこれから


日本共産党 前大阪・池田市会議員  山元たけしの日々の活動を綴ります
by takeshi_yamagen
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
お気に入りブログ
最新のコメント
橋下知事のPT、はじめは..
by 佐々木雅博 at 10:03
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:未分類( 806 )


高校野球余聞

 18.1.20
 夏の甲子園、百回大会もいよいよ本日準々決勝。激戦を勝ち抜いてきた4校がぶつかります。
 さて、今回の夏の大会、例年以上に私は楽しみにしていました。まず近代附属(10年ぶり)、高知商業(12年ぶり)など久しぶりにその名前を聞く古豪が見受けられたのは嬉しかったですね。レジェンド始球式も粋な計らいですね。私は坂本佳一投手(東邦高校)に注目。バンビと呼ばれた細い体で全試合を投げ抜き決勝戦でも東洋大姫路相手に互角に投げ合った姿が思い出されます(実は僕と同学年です)。それに太田幸司さんはいくつになっても男前でんなぁ。
 印象に残ったのは近江高校が前橋育英を4―3のサヨナラで下した試合です。1979年のセンバツで滋賀比叡山高校が群馬の前橋高校の松本投手に史上初の完全試合を喫して以来40年、近畿人の私としては滋賀県勢が群県勢を下すとそれだけでうれしいのです(まぁ現在の群馬の球児にしてみれば生まれる前の話であり、えぇ迷惑でしょうが…)。
 そしてその近江を鮮やかなサヨナラ2ランスクイズで下した金足農高は吉田投手を中心に試合ごとに強くなってきている印象です。今日勝てば103年前の豊中球場で行われた第1回大会秋田商業以来の秋田県勢の決勝進出。優勝すれば初めて優勝旗が東北にわたることになります。大阪桐蔭の春夏連破も見たいし、そこは悩ましいとところです。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2018-08-20 12:13

今年もNHKスペシャルは見ごたえがありました

 18.8.19
 73回目の終戦記念日を前後して奮闘しているのがNHKスペシャルです。
 15日は「ノモンハンの真実」。
 モンゴルと満州の国境線を挟んで対峙する日ソ両軍。ついに東京の参謀本部も知らないうちに関東軍と現地軍は国境線をめぐって事実上戦争状態に突入しました。状況分析の甘さもあって日本の敗北で終わったこの戦闘で驚いたことは、関係者が上へ下へと責任を転嫁し、誰も責任をとろうとしなかったことです。
 無責任体制、甘い状況分析、精神論の跋扈はそのまま温存されて太平洋戦争に引き継がれ、戦闘がずるずる続く中空襲その他で親を亡くしたたくさんの孤児が生まれました。そんな戦災孤児を追ったのが12日の「戦争孤児の闘い」です。「大人たちの始めた戦争で親を失いずっと『駅の子』と蔑まれてきました。一体僕たちになにの責任があったというのか!欲しかったのは人のぬくもりでした」という元孤児の叫びが胸に刺さりました。終戦直後府内泉南郡の疎開先のお寺に最後まで父母が迎えに来ず、母が「親は空襲で死んでしまったんだ」と一旦は孤児として生きる決意をしたと話していたのを思い出しました(幸い母の場合はその後祖父母が迎えに現れました)。母にとって、ひいては私にとっても「駅の子」は他人事ではなかったのです。
 13日の「船乗りたちの戦争」も見ごたえがありました。
 民間の船が物資輸送に徴用されていたことは知っていましたが、その中に小さな漁船(写真を見る限り「奈良時代の遣唐使船以下だ」と思ってしまうくらい粗末なものです)まで含まれており、それに乗り込んでいた徴兵年齢前の今でいう高校生くらいの子たちがそのまま南方で戦闘に駆り出されて命を落としていたことを初めて知りました。
 毎年戦争の悲惨な現実をこつこつ発掘してくれるNHKスペシャルのスタッフには本当に頭が下がります。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2018-08-19 20:42

酷暑お見舞い申し上げます

 18.8.15
 自身の要領の悪さもあるのですが、ここしばらく「お仕事全くオフ」の日を取れないまま猛暑に突入。生活習慣病のみなさんとはそれなりのお付き合いをする年齢にはなってきましたが、概ね健康の私の体もついに悲鳴をあげたようで、ここ数日体調が優れません (軽い熱中症のようです)。
 みなさまもくれぐれも無理なさらずおすごしください(ブログの文字数も今回は少なめです)。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2018-08-15 19:23

「地震で落ちずに残った破損瓦も補助対象」 -たつみ参院議員、宮原府議らに環境省答弁

 18.8.9
 大阪北部地震の対応をめぐり、日本共産党の宮原たけし府議団長とたつみコータロー参院議員らが7月24日政府に第2次要請を行いました。自身で破損し、屋根に残っている屋根瓦について環境省は「市町村が産業廃棄物と認めるなら要請すれば補助の対象となる」と回答。国から処理費用の9割が補助されることが明らかになりました。
 これまで地震によって屋根から落ちた瓦は、災害廃棄物として国から処理費用の9割が補助されていましたが、屋根に残ったままのかわらは対象外で、補助はありませんでした。屋根の回収を行う場合、瓦の撤去や産廃処理は自前で行うこととなり、費用は70万円にも及ぶこともあるといいます。
 宮原氏は、屋根に残っていても地震によって破損した瓦でありことは変わらないと強調。「写真などで地震による破損と証明できれば、災害廃棄物として十分可能ではないか」とただしました。
 破損瓦について環境省は「市町村の柔軟な運用で、被災者を救うことになる」と説明。宮原氏は「被災した住民にとって朗報だ。市町村にも伝えて、補助を促進してほしい」と求めました(「大阪民主新報」8月5日号より)。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2018-08-09 09:08

小笠原返還50年に思う

 18.8.2
 今年はアメリカ施政下にあった小笠原諸島が日本に返還されてからちょうど50年になるとのこと。
 私は当時の学習ノートの表紙かなにかに書かれていたこのニュースを今でも強く覚えています。今にして思えば小学校に入学して間もない私、それなりに学習意欲が芽生え、それなりに社会に対する問題意識が広がっていたようです。
 さてその見出しに「小笠原が日本に帰ってきました」と書かれていたのを見て「ふーん、島が帰ってきたのか。ひょっこりひょうたん島みたいに動く島って本当にあるねんな」と、ピンキーとキラーズの「恋の季節」を口ずさみながら一人納得していた半世紀前のワタクシでした(08.4.8付当ブログ参照)。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2018-08-02 08:49

国会緊迫!最後まで力合わせて究極の売国法カジノ実施法を阻止しよう!

 18.7.19c0133503_9313556.jpg
 22日の会期末を前に国会が緊迫しています。審議すればするほど矛盾が露呈しているカジノ実施法を自民・公明・維新は今日にも参院内閣委員会の採決強行を狙っているのです。
 そんな中、カジノ解禁突破口となったカジノ推進法が16年12月に成立した際国会答弁者となった5人の議員全員(※)が米大手カジノ運営会社「シーザーズ・エンタテイメント」からパーティー券購入など「脱法献金」を受けていたことが報じられ、西村康稔官房副長官はその事実を認めました。実は「シーザーズ・エンタテイメント」社は過当競争に遅れをとり現在会社再建中、競合他社と明暗を分けたのはアジア進出を果たせなかったからだとされており、同社が日本のカジノ開設へ執念を燃やしていたことが伺えます。
 外国人からの献金といえば2011年前原誠司氏が在日コリアの方から25万円もらっていただけで外相の首が飛んだことが思い起こされますが、今回はそれよりはるかに「賄賂性」が強いと言わざるを得ず、ことは重大です。
 自公政権が西日本豪雨災害の被災者救援、被災地復興よりもアメリカのカジノ資本の利益を優先する背景を垣間見た思いです。
 7月に入っても国民の6~7割は「法案に反対」もしくは「今国会で成立させるべきではない」と答える究極の売国法カジノ実施法には世論も道理もありません。「通せば来年の参院選で惨敗必死」と自公維に思わせるまで反対の世論を一気に高めて廃案へと追い込もうではありませんか(写真はカジノ実施法の不当性を連日報道するしんぶん赤旗日刊紙)
 ※細田博之(自民)、岩屋毅(同)、西村康稔(同)、小沢鋭仁(維新)、松波健太(同)。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2018-07-19 09:32

水害、猛暑、腰痛、恩師との別れ…。

 18.7.15c0133503_17485334.jpgc0133503_17491712.jpg
 大阪北部地震の余震が続く7月初旬、大水害が西日本を襲いました。7日の平和行進は雨天決行しましたが、大雨の余波を受けて駅頭宣伝は2回中止に追い込まれ、5日に予約していた歯医者さんも延期を余儀なくされました。
 さて雨が一段落した次に日本列島を襲っているのが厳しい猛暑。日中は息をするのもしんどいような暑さが続いています。参院選挙勝利向けて今全国の共産党が党勢拡大活動に暑さにもまけずがんばっているのですが、ここ数日で池田市石橋でも3人赤旗の読者さんが増えました。
 駅頭宣伝も再開。カジノ実施法阻止と西日本水害の救援募金に13・14日と連日取り組みました。募金を訴える中で旧知のご婦人のNさん、「災害の現地にはさすがに行けないので、募金しようと思てるんやけど、ヤマゲンさんとこ、ちゃんと届けてくれる?」とちょっと怪訝そうに聞かれました。私が返答しようとする間もなく二人の会話を隣で聞いていたYさんが「共産党は大丈夫。安心して募金されたらええと思うよ」と言ってくださいました。Nさん、Yさんのおっしゃるとおり、お預かりした募金、共産党は必ず被災地に届けます!
 水害、猛暑に加え、初出馬の時以来私の選挙を支えてきてくださったY先生の逝去(11日)、腰痛と、公私にわたりあまりよいことがあったとはいえない日々が続く中、日本共産党は今日96回目の創立記念日を迎えました。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2018-07-15 17:52

水害被害が拡大する中、自民党は酒宴で大盛り上がり! ―災害時議員はなにをなすべきか②―

 18.7.12c0133503_13132647.jpg
 九州で強まった豪雨の中心が徐々に東に移動し、気象庁も14時に「記録的な大雨となるおそれ」と大雨では異例の緊急会見を開き、17時台には「厳重な警戒」を呼びかけていた7月5日の夜、赤坂議員宿舎で「赤坂自民亭」なる飲み会が開かれそこに安倍首相も参加していたのです。会には安倍首相(山口)のみならず岸田元外相(広島)、竹下自民党総務会長(島根)など、被災地を選挙区とする面々もおり、自衛隊の出動に関する判断がいつ求められてもおかしくない小野寺防衛大臣や翌日にオウム死刑囚を大量処刑した上川法相も参加(彼女はご丁寧に笑顔で万歳三唱の音頭までとったらしい)、また安倍首相の左後には地震と豪雨で住民が苦しんでいるわが大阪9区選出の原田けんじ衆院議員も写っているではないですか(原田さんは5日の13時には選挙区内の能勢町で住民に避難勧告が出ていたことご存知ではなかったのでしょうか)。
 参加者周辺でいろいろ言い訳が聞こえてきます。
 小野寺防衛大臣は「自衛隊の指示は出していた」と。しかし酒を飲んでる時に指示求められたら冷静沈着に判断できますか?
 また曰く、「被災地に首相や国会議員が行けば救助作業の手を止めるだけではないか(だから行かなかった、だから飲んでいた)」と。ならば現地自治体などに知らせず一人現場に入り被災者の声を聞き、家族を亡くした方の悲しみが少しでも癒えるようその手を握り締めてあげることもできるではないですか(実際共産党の国会議員は救援活動の手を止めないよう配慮して現地へ入ります)。
 なによりも首相は私邸にこもる時間があったのならばテレビやSNSで、未だ孤立する地域の方に「必ず救助するからがんばってください」と真剣に訴えることができたではないですか。それだけで国民がどれだけ励まされたかわかりません(首相は8日午後非常災害対策本部を立ち上げるも20分で切り上げさっさと私邸に引き上げていたのです)。
 今からでも遅くありません。現場の実態や情報を持ちあって被災者救援、生活支援のためになにができるか、政府も国会も真剣に話し合い、今までやったこともないこともないことも含めてやれることをすべてやりつくすべきです。
 博打やカジノの話など、どうしてもしたいって言うんなら後でゆっくりやりはったらええやないですか。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2018-07-13 13:14

「災害時は池田から出るな!」  ―災害時議員はなにをなすべきか①―

 18.7.12
 私が市議会に初当選した11年前共産党の先輩議員から強く言われたことがあります。議会中は議案審議に集中し親の死に目に会えないことも覚悟すること、災害の際にはどこにいても市内に戻り、現場を見てなにができるかをよく考え実行に移すこと、この二つです。私はその教えを守って、台風の際には必ず箕面川や今井水路の水位を見て回り、2008年10月の天神2丁目の文化住宅火災の報に接したときもすぐさま現地に駆けつけ、焼け出された方の避難先確保をお世話させていただきました。公職についていない今でも夜中にサイレンを聞くと必ず起き上がってしまいます(08/10/4 、11/5/29、14/4/9 ・8/24/ ・8/29・9/11付当ブログ参照 )。
 こんなわけで6月18日の大阪北部地震の際もその発生直後から石橋・豊島地域の住民のみなさん、とりわけ独居高齢者の方のお宅の訪問活動を開始。幸い一部を除くと大きな被害はなかったのですが、当日「ガスが出ない」という声をあちこちかで聞きました。地震の際ガスの安全装置が作動したのが原因だったのですが、さっそく池田の党員と連絡をとりあって安全装置の回復方法を住民のみなさんにお知らせして歩きました(6/19付当ブロブ参照)。
 そんな教育を受け実践してきた私は、西日本水害で被害が拡大する中自民党が酒宴を開き、安倍首相もそこに参加していたという話を聞き、ひっくりかえらんばかりに驚きました。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2018-07-12 09:08

政府と国会は被災者の救命・救助、被災地の救援、復旧に全力を!

 18.7.9
 西日本を中心とした豪雨被害は、9日にかけて広い範囲に拡大しました。毎日新聞のまとめでは9日午後0時半現在、13府県で105人が死亡、87人が安否不明、被害の全容は未だ分かっていないとのこと。残念ながら事態は最悪の方向に向かっているようです。御遺族のみなさまにお悔やみ申し上げるともに被災された方に心よりお見舞い申し上げます。
 日本共産党の小池晃書記局長は、多大な犠牲者を出した豪雨災害を受けて、「豪雨による被害が広範囲かつ深刻です。国会は災害対応を最優先にして、月曜からの『参院選挙制度改革』『カジノ実施法』などの審議を止め、秋の臨時国会に先送りすべきです。政府は首相の外遊を中止し、全力で被災者の救命・救助、被災地の救援、復旧にあたるようにすべきです」との談話を発表いたしました。
 なお先ほど安倍首相が外遊を取りやめたと報じられました。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2018-07-09 13:31