カテゴリ:未分類( 792 )

 18.6.11
 自民・公明・維新の進めるカジノ実施法案が国会で審議されています。
 問題になっている依存性対策に関して政府は「入場を週三日に制限する」と言っています。多くのカジノは24時間営業なので72時間博打漬けにできることがどうして依存症対策と言えるのか私には理解に苦しみます。また1回の入場料を6,000円と高めに?設定するという政府の言い分に対しては「ディズニーランド(の入園料 6,400円)より安いやん」の声がSNS上に飛び交っています。
 また政府はあくまでもカジノは「外国人客が主になる」と主張していますが、大阪や和歌山など国内立候補地はどこも日本人客を7、8割をと見込んでいます。外国人だけでは商売にならないことはどこもすでにお見通しのようです。
 さらに「地域振興や雇用創出」(石井啓一国土交通相)と経済的効果を強調していますが、特徴的なのはカジノの経済的損失に政府側の誰も触れていないことです。実際韓国ではカジノによる経済的損失は7.7兆円と、カジノの経済的効果の2.4倍にのぼっているのです(2017年2月3日 共産党清水ただし衆院議員(当時)の質問より)。カジノの負の側面すらわからないままことを進める―、これではカジノ実施法の採択そのものがバクチと言わざるを得ないではないですか。
 そしてなによりも私が驚いたのはカジノ業者の貸金業への参入を認めていることです。カジノで持ち金使い果たして「もうカジノはやめよう」と出てきた客に「もう一回すれば勝てるよ」と再び金を貸してカジノに送り返そうというわけです。断崖絶壁で「もうつまらないことを考えるのはよそう」と自殺を思いとどまり帰ろうとした人が「もう一度考え直せ」の看板を見て結局身を投げたというブラックジョークがありましたが、同法案が通れば人生破滅が現実のものになりもう社会復帰できなくなる人が続出します。これはジョークではありません。
 カジノ実施法―、徹底審議のうえやはり廃案に追い込むしかありません。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2018-06-12 20:51

梅雨入りいたしました

 18.6.11c0133503_1254531.jpg
 6日(水)の近畿の梅雨入り後の活動報告。
 7日(木)は赤旗日曜版の運搬業務、その後ちょっと時間もらって父・息子とともに墓参り(写真)。午後はSNS(ブログ、FB、ツイッターなど)の学習会に参加、その重要性を改めて実感。8日(金)は奈良に遊んだことは前回報告したとおり。9日は午前は当事務所の日直。午後は虹色コンサートにお邪魔して夕方は毎月恒例の9の日宣伝。「朝鮮半島を含む東アジアで話し合いによる和平が進むこの時期に、9条変えるのは『うちはいつでも戦争できるでぇ』とケンカ売ってるようなもの。和平の障害になりかねません」と安倍改憲NOを訴えました。で、昨日10日(日)はほぼ終日党の会議。そして夜新潟県知事選挙で野党共闘の柏崎原発再稼働反対の池田候補惜敗の報が入ってきました。しかしこれで再稼働認められたわけでは決してありません。自公候補は徹底して原発の争点化を避けなによりも県民の7割が再稼働に反対しているのですから。
 また先週は親による5歳児殺害、新幹線内での殺傷といたたまれない事件が続きました。鬼畜のような犯人たちの心の闇―、私にはどうしても伺い知ることができません。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2018-06-11 12:56

 18.6.7

 先月下旬は歯痛に少しばかり悩まされ、昨日は梅雨入りしたとのこと。なんとなく気が滅入る季節が今年もやってきたわけですが、先月の最終盤から今月にかけては結構ラッキーなことが続いています。以下時系列でご報告。  
 30() 某Fコンビニで「お客さん当たりましたよ」と「冷コー30円割引券」ゲット。
 31() 風呂あがりにふと気づく。以前のように立ったまま楽に靴下がはけるようになっている!実際体重はここ20年の最低水準をキープしています。
 1 () 石橋駅前夕方宣伝時、十代の頃好意を寄せていた同級生と成人式以来36年ぶりにばったり再会!ほとんど変わっておられませんでした。親しい友人が亡くなって涙に暮れる日もあったけど、こんな嬉しい再会の日もある―、やっぱり人生って「生きててなんぼ」ですね。

 2 日(土)中央環状線の石橋4北交差点から北へ延びる石橋4丁目と住吉2丁目の境界となっている市道は、狭くて見通しが悪く住民のみなさんと市の担当課とカーブミラーの設置を市の担当課に要求していたのですが、この度実現したとの報告がOさんからあり、現地でOさんはじめ地元の方々と喜び合った次第(詳細は後日報告)。

 今月はよい月になる…?そうあってほしいものです。

 


[PR]
by takeshi_yamagen | 2018-06-07 08:06

c0133503_13133881.jpg
 18.5.14
 連休明けの1週間、会議や宣伝など比較的ルーティンな仕事が続きましたが、週末になって「ヤマゲン君、あんた(泉佐野に)住んでたやろ」と泉佐野市議選(13日投開票)への応援要請が入ってきました。「確かに住んでちゃいえば住んでたけど、もう30年も前の話、しかも半年だけやし…」と思いつつも、「激戦でもうひと押しが必要だ」と言われりゃ出向かないわけにはいきません。当時お世話になった方の顔を思い浮かべながら12日阪神高速湾岸線を走って泉佐野へと向かいました。

 現地では福岡みつあき候補地域の辻々でまず2時間ほど「赤旗宣伝」、その後ビラを250枚ほど全戸配布。そして迎えた13日の投票日、深夜に現有二議席確保の報がFB等で流れ、胸をなで下ろしていたところ、続いて福岡候補が最下位当選で次点との差はわずか5票だったことが伝わってきました。「僕が行ったおかげや」と不遜な?ことを考えられるのも、勝ち抜けたからこそ。しかし選挙は本当に恐ろしいですね。

 ところで久々に半日歩き回ったので、明日あたり筋肉痛が出ないか心配です。


[PR]
by takeshi_yamagen | 2018-05-14 13:15

2018GW抄録

c0133503_13312157.jpg

c0133503_13321008.jpg
c0133503_13331404.jpg
 18.5.7 

 ゴールデンウィークが終わりました。みなさん、お休みを満喫されましたでしょうか。以下私のGWの主な活動のご報告まで。

 4月29日(日)丸岡元議員とて豊島南へ。3千万署名の訴えに伺いました。

    30日(月)共産党の会議こそ一つありましたが概ね休息。

 5月1日(火)豊中市大門公園で開かれた豊能地区メーデー参加。曽根駅までデモ行進。

   2日(水)共産党の会議が二つほど。ちなみに57回目のマイバースデーでした。

   3日(木)午後 扇町公園で開かれた安倍9条改憲許さない!おおさか総がかり集会

       に参加。中崎町までデモ行進。その後久々に再会の先輩Iさんと一献傾け

       ました。

   4日(金)午後共産党の会議。午前はゆっくりできると思いきや緊急を要する生活

       相談がまいこみ対応。いい方向に向かえばいいのですが…。

   5日(土)マルクス誕生200周年。一人密かにお祝いしました。

   6日(日)終日一応休み。でも結局やり残しの雑務処理や原稿作成に追われてしま

       いました。夜は池田にて高校同期のプチ同窓会で9人が参集。うち二人は海

       外からの一時帰国(パリとオーストラリア)。みなさん、元気そうでなによ

       りでした。


[PR]
by takeshi_yamagen | 2018-05-07 13:35

c0133503_18121943.jpg
 18.5.4
 4月29日「しんぶん赤旗」(日刊紙)2面に掲載された「朝鮮戦争の終戦合意 南北首脳会談」と題する竹下岳記者名の記事は注目に値します。以下その抜粋。

「憲法9条を踏みにじる日本再軍備の指示(50年7月8日)も米軍を朝鮮戦争に動員することで生じる『空白』を埋めソ連の侵攻を食い止めることが直接の動機でした」

「在沖縄米海兵隊の存在理由見問われることになります。日本への海兵隊配備は53年7月23日米NSCが決定しましたが、その理由は朝鮮戦争の休戦協定が『危険ないたずらになるかもしれない』、つまり休戦協定の破壊に備えてのものでした。朝鮮戦争が終結すれば当初の配備理由がなくなってしまいます」 
 つまり日本の再軍備も米海兵隊配備もすべて朝鮮戦争が休戦状態にあることを前提に進められてきたのです。南北首脳会談で朝鮮戦争の終戦、そして平和協定の締結と歓迎すべき事態に向かう中、辺野古への海兵隊新基地建設もその推進理由を失いつつあります。同記事は「工事はただちに中止し、沖縄からの海兵隊撤退にかじを切るべきです」と結んでいます。
 南北首脳会談、そして朝鮮戦争終結の歴史的意義をここまで解明した記事を私は寡聞にして他に知りません。やはり「赤旗」なくしては歴史的にものごとが見ることができないと改めて思った次第。










[PR]
by takeshi_yamagen | 2018-05-04 18:16

 18.4.29

 南北会談後、「まだ北は信じられない」「非核の道筋見えない」などと識者のみなさんが縷々発言されています。傾聴に値する意見もあるのですが、物足りないのはそのほとんどが評論にとどまっていること。今大事なのは板門店宣言の内容を実現し、東アジアに恒久平和をもたらすためにこの日本の国が、そして個々の国民がなにができるかをよく考え行動することではないでしょうか。

 まぁ蚊帳の外の安倍さんの「推移を見守る」完全傍観者発言は論外やけどなぁ、てなことを考えているうちにいいこと思い付きました。「憲法で戦争しないて書いてたからうちは戦後一人の戦死者も出さずにきました。板門店宣言を完全実施するうえでどうぞうちの憲法参考にしてください」て売り込んだら蚊帳の内側に入れてもらえるかもよ。どう?いい考えでしょ。アベさん。

私も参加します

5月1日(火)豊能地区メーデー(9時半~ 豊中市大門公園)

3日(祝)安倍9条改憲許さない!おおさか総がかり集会(13時半~ 扇町公園)

   



[PR]
by takeshi_yamagen | 2018-04-29 21:14

 18.4.29

 朝鮮半島をめぐる緊張緩和の動きの中で影が薄いのが安倍首相。27日も「日本は蚊帳の外ではないですか」とガチな質問が記者からとんでましたね。

 影が薄いのも、蚊帳の外なのも理由があります。だって安倍さんこれまで「対話による対話は無意味」「微笑み外交に騙されるな」って北朝鮮との話しあう気はまったくゼロ。そりゃ金正恩さんかて「あんたとは会うたらへん」ていうてる人より「腹割っていっぺん喋ろうやないか」て言うてる人とまず仲ようしますよね(僕だってそうします)。

 そんで平壌には行くことができずに、わざわざ遠いワシントンに行ってトランプさんにいろいろお願いせなあかんようになったわけではないでしょうか。こんな不細工な話はありません。 

 さらに私が恐れているのは安倍政権の政策がこの平和の流れを妨害することにならないかということ。

 2015年の安保関連法(戦争法)で集団的自衛権を認めアメリカと一緒に海外で行動できるようになった自衛隊を、安倍政権は憲法に明記しようとしています。そんな自衛隊を改めて国の最高法規に書き加えることは、「いつでもあんたとこと戦争できるんやで」と宣言してるようなもの。金正恩さんも心穏やかではないですよね(僕ならケンカ売ってるんかて思ってしまいます。口には出さんかもしれんけど)。

 日本が蚊帳の外になるだけならまだしも、日本の存在が地域の緊張を高め、平和なアジアを求める国々から「国難」扱いされないか、私はそれをとても危惧しています。

 


[PR]
by takeshi_yamagen | 2018-04-29 20:41

c0133503_20253415.jpg

 18.4.29
局員「局長、文大統領が国家元首でありながら、パスポート持たずにわが国に不法入国してきました!」
局長「これは大変だ、即刻身柄を確保せよ」
局員「御意!では不法入国ほう助で親愛なる金正恩同志ともども逮捕してまいります!」
局長「ち、ち、ちと待て
 そんな会話が北の出入国管理局で交わされたか否かはわかりませんが、文大統領が金正恩総書記に促されて38度線をひょいと跨いで北側に足を踏み入れた想定外の出来事に驚かされたのは私だけではないでしょう。
 
その北緯38度線―、それ自体は見たところ少なくとも板門店では平地に幅30cmほどの板状のコンクリート?が置いてあるだけで、険しい山の尾根筋や広い川の真ん中に大仰な構築物があるわけでは決してありません。その誰もがひょいっと超えられるラインが65年の長きにわたって八千万朝鮮民族を分断してきた―、その余りの落差の大きさに、歴史の残酷さとある種の滑稽さを感じざるを得ません。
 38度線がなんら政治的意味を持たず、単なる地理上の見えないラインとなるその日を迎えるために、そして北東アジアに確かな平和の体制が構築される日を迎えるために、微力ながら努力していきたいと改めて思っているところです。 


[PR]
by takeshi_yamagen | 2018-04-29 20:31

c0133503_09210534.jpg

c0133503_09213201.jpg
 18.4.28

「完全な非核化を通じて核のない朝鮮半島を実現する」
「(朝鮮戦争の)終戦を宣言し、停戦協定を平和協定に転換し、恒久的で堅固な平和体制構築のための南北米3者または南北米中4者会談の開催を積極的に推進していく」

「民族的和解と平和繁栄の新たな時代を立ち起こし、南北関係をいっそう積極的に改善し発展させていく」(板門店宣言)
 2月の平昌オリンピックの時にはまだ誰もが半信半疑だったこの緊張緩和の流れが、わずか三ヶ月後に南北首脳会談、そして歴史的な板門店宣言に結実するとはとはいったい誰が想像し得たでしょうか。

 さっそく在日コリアの友人T君に電話をいれると「とてもうれしい。でも去年まで怖い顔してた金正恩があそこまで変われるもんやねんな…」と歓迎しつつも戸惑いを隠せない様子でした。

 期待、不安、困惑…、さまざまな思いをはらみつつ、とにもかくにも期待、不安、困惑、さまざまな思いをはらみながら、とにもかくにも南北の首脳がそして朝鮮半島の人々が東アジアの非核化と平和のために汗をかいてくれているわけですから、日本を含む国際社会は行動には行動で答えなければなりません。「推移を見守る」(安倍首相)てな傍観者的な態度はことここに到っては到底許されません。

 


[PR]
by takeshi_yamagen | 2018-04-28 09:24