カテゴリ:未分類( 822 )

奈良時代からSNSへ時空を超えて飛び跳ねました ―11月前半のあれやこれや②―

 18.11.22c0133503_11505836.jpg

 11月9日は恒例の正倉院展(奈良国立博物館)。あまり歴史に興味がない某家人を「関西に生まれたからには一生に一度は正倉院展やで」と唆して?二人の半日奈良旅行に繰り出しました。今回目玉の新羅ゆかりのものを含めて1,300年前の宝物を堪能、古戸籍マニアの私としては現在の石川県や福岡県の奈良時代の戸籍をじっくり観察させてもらいました(※)。帰宅後感想を聞くと「フツー」の一言。やっぱりクールなやつです。

 11日は共産党茨木・豊能地区委員会主催のSNS学習会に参加。村川真実箕面市議の応援団が駆けつけてくださいました。さっそくスマホ買い替えの際にパスワード忘れて休業状態だったツイッターを再開。ツイキャスにも参加することになりましたが、使いこなすまでには時間がかかりそうです。選挙に間に合うかなぁ。


 


※正倉院展では毎回奈良時代の戸籍も展示されます。





[PR]

by takeshi_yamagen | 2018-11-22 11:55

デモなしでもなんでもありの大阪総がかり集会 ―11月前半のあれやこれや①― 

 18.11.22c0133503_11440265.jpg


 11月前半の山元の主な行動をズボラしてまとめてご報告。

 11月3日は扇町公園で開かれた大阪総がかり行動に参加。

 「安倍改憲を許さない」と立憲野党と市民6,000人が大阪中から集まりました。

 まずわが党の辰已コータローなど野党各党の代表があいさつの後に、沖縄辺野古で戦う山城博治さん、公的支援を訴える朝鮮学校の方、LGBT(性的マイノリティ)の方が次々に発言。みなさん口々に日本国憲法が基本理念とする「個人の尊厳」の大切さを訴えられました。さらに朝鮮民謡あり、沖縄のエイサーあり、清く正しく美しく、脱がない媚びないNOと言えるアイドルグループ制服向上委員会の歌声ありととても楽しき元気になる集会でした。

 集会後のデモがないとのことで少々意外だったのですが、その分みんなちょっとずつ喋れてよかったんじゃないでしょうか。

 


[PR]

by takeshi_yamagen | 2018-11-22 11:45

議席はなくなっても、市民のみなさんとの公約は消えない―、この3年7ヶ月がんばってきました

 18.11.19

 みなさん、こんばんは。前池田市議会議員の山元たけしです。

 35票差の次点、悔しい思いをしたあの市議選から3年7ヶ月、私は「議席はなくなったけど、選挙でお約束したことは消えない」との思いで、この間がんばってまいりました。

「大雨の時道路が浸水、透水舗装施して(天神1丁目)」

「道路脇の街路樹跡にできた穴で転んだ。早く埋めて(住吉1丁目)」

「カーブミラーをつけてほしい(住吉2丁目)」

「商店街を一歩入った細い道は真っ暗。街灯がほしい(石橋1丁目)」

「建替中の市営住宅に到る道は工事車両が通行して危険。拡幅して(石橋4丁目)」

「大雨の時水路がつまって溢れる(空港1丁目)」等々…。

 寄せられた切実な要求をもって、市の担当課と交渉、嬉しいことに概ね解決の方向へ向かうことになりました。

 大阪北部地震や台風21号の時には直後から後援会のみなさんと地域を歩き、「ガスが止まった」「停電したがせめてスマホの充電くらいできないか」など、市民から伺った切実な声を共産党の市議会議員と連携してすぐ市議会でとりあげてもらいました。

「休日でも住民票のとれる石橋プラザの市民サービスセンターなくさないで」

「逮捕された元維新議員をやめさせよう」

 みなさんと街頭で署名運動に汗を流したこともありました。

 同時に議員でないが故に、みなさんの声を伝えきれずに悔しい思いをしたことも一度ならずあります。

 市民のみなさんの切実な声、再び市議会に届けてがんばる決意です。山元たけしへのご支援どうかよろしくお願いいたします(16日なんば大演説会へ向かうバス車中での後援会のみなさんへのあいさつ)。


[PR]

by takeshi_yamagen | 2018-11-19 11:51

まずは石橋駅前となんばでお会いしましょう

c0133503_18532012.jpg


 18.11.13

 市議選再挑戦が正式に決まり、昨日今日と地元のみなさんから「次は必ずとおってや」と声をかけていただき嬉しい限りです。

 さて従来の夕方宣伝に加えて明日から朝の宣伝を始めることとなりました。これも含めて当面の私の「出没」計画をお知らせします。ぜひ顔を見に来てやってくださいませ。

 1116日(金)18:30~ 共産党大演説会 志位和夫がお話いたします。私も壇上からごあいさつ(なんば府立体育館)

 毎週水曜日 午前7時~ 駅頭宣伝 石橋駅 西口

 毎週金曜日 午後5時~ 駅頭宣伝 石橋駅 東口と西口交互。ただし1623日はなんば演説会と後援会行事で中止。

 ※駅頭宣伝は荒天等で中止することがあります。ご容赦ください。


[PR]

by takeshi_yamagen | 2018-11-13 18:56

捲土重来を期して市議選に再度挑戦いたします

c0133503_18151048.jpg


 18.11.11

 全国うん千万の野党共闘を切望されるみなさま

 全国うん百万の共産党支持してくださっているみなさま

 全国うん十万の大阪池田市は石橋ゆかりのイシバシストのみなさま

 全国うん千の同窓生のみなさま

 全国うん百のかつての職場の同僚のみなさま

 全国うん十人の親族のみなさま 私以外二人の家族のみなさま

 そしてなによりも103,069人の池田市民のみなさま、86,036人の有権者のみなさま

 わたくし山元たけしは来年4月の池田市議会議員選挙に再度挑戦することになりました(もちろん日本共産党公認です)。物心その他のご支援どうかよろしくお願いいたします。取り急ぎの報告まで。


[PR]

by takeshi_yamagen | 2018-11-11 18:17

藤木「勘兵衛」の旗のもと豊中総合法律事務所は10周年を迎えられました

c0133503_12524329.jpg

c0133503_12531710.jpg
c0133503_12534423.jpg
 18.10.29
 27日、日頃法律相談でお世話になっている豊中総合法律事務所開設10周年記念祝賀会にお邪魔しました。
 辰巳コータロー参院議員、宮本たけし衆院議員、石川たえ府議のあいさつの後、職員のみなさんからこの10年を振り返る発言が続きました。中でも興味深かったのは開設時のお話。北大阪総合法律事務所内で「新たに郊外の豊中に弁護士事務所をつくろう」となったまではよかったのですが、「裁判所も自宅も遠くなるのでしんどい」「採算取れるのか」という声が相次ぎ「誰が行くか最後はくじ引きで決めました」との秘話に会場は大きな笑いに包まれました。

 そんな開設時の苦難(?)を乗り越えて、当初4人(弁護士2人)で始まった事務所も今や7人(弁護士4人)へと大きく発展。この「7人の侍」が勘兵衛こと?藤木邦顕弁護士のもと、池田、豊中、箕面など豊能地域筋の住民の秩序と安寧を守り、時には悪い野武士をやっつけて日夜がんばってくださっています。
 最後に御年90歳の橋本敦さん(元日本共産党参院議員 弁護士)が「豊中は幼い頃過ごした懐かしい土地。また(豊中総合法律事務所に)雇ってもらおかな」と元気に8人目に立候補され会場を沸かせてくださいました(写真)。

 豊中総合法律事務所のみなさん、今後ともどうかよろしくお願いいたします。

[PR]

by takeshi_yamagen | 2018-10-29 12:57

「あなたを見習って、私もがんばります」 ―本土と沖縄の心が一つになりました―

 18.10.7
 沖縄県知事選挙を巡るちょっといい話。
「なんとしてもデニーさんを勝たせたい」
 その一心で電話帳をもとに上から下まで電話をかける、所謂「ベタ電話」に取り組む決意をした池田市内在住のSさん。電話機の前に座ったのはいいのですが、いきなり受話器を持つ手が止まりました。書かれている苗字が読めないのです。「これ(金城)って『きんじょう』さん、それとも『かねしろ』さん?喜屋武、我那覇、真栄田…、どない読むねん??」。
 しかしそこは何でも前向きのSさん、
「なんとかなるわ。わからへんかったら(相手の)名前言わんかったらええだけのことやし」
 覚悟を決めてかけ出したSさん、相手の反応のよさにまずびっくり。大半の方から「もうデニーさんに入れたよ」「がんばって!」の声が返ってきたのです。
「沖縄言葉がわからなくて『そうですねぇ』と相手に話をあわせてしまったことはあったけど(笑)、どなたとも初めて言葉を交わしたとは思えないくらいは話が弾みました」
 気分よくSさんが会話を続けていくうちに電話がつながった沖縄市のAさんから「あなた、本土から電話しておられんですか?」と聞かれました。「私の京都なまりがばれちゃったかな。『他所からかけてこんといて』って言わはるんやろか」と思っていたところ、Aさんから意外な言葉が返ってきました。「私、デニーさんに期日前投票してこれで選挙は終わりと思っていたけど、本土の人が一生懸命やってくれているんだから、私ももっとがんばらなきゃね。もう少し友だちに声かけてみます」とおっしゃたのです。
「本土と沖縄の平和を願う心、デニーさん必勝の気持ちが一つになったみたいで、本当に嬉しかったです」
 いつも物静かなSさん、その日は珍しくちょっと興奮気味でした。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2018-10-07 09:48

御霊の行方

 18.10.4
 今年3月第12代靖国神社宮司に就任した小堀邦夫氏(68)が、社内の会議で「天皇陛下は靖国神社を潰そうとしている」と発言したと報じられました。
 この発言は、今上天皇が即位以来一度も靖国を参拝したことがない一方で、かつての戦地を訪れ、戦没者の霊を慰める旅を続けてきたことを指しているとみられます。小堀氏は「慰霊先に遺骨はあっても御霊(みたま)はない。御霊は靖国にある」と主張されているわけです。
 私は神道の強い信者ではなく、神社に造詣が深いわけでも決してありませんが、そもそも神社は、村を中心とした小世界の諸々に宿る八百万の神々が存在するところであり、その土地に生きた人々も死後は御霊となって遍くそこに留まると考えられていたのではないでしょうか。
 ところが近代にその素朴な村の神道が国家と結びつき、戦争遂行のイデオロギー的装置となっていきます。
 そこで必然的に生じるのは、故郷を遠く離れ南方や大陸で亡くなった兵士の御霊はどこに行くのかという問題です。それは当然うちにあると靖国神社は主張します。しかし実際には従来どおり故郷の神社に帰ってきているかもしれないし、戦地に留まっているかもしれない(今上天皇はどうもそのお立場のようですね)。それは僕にはわからない。誰にもわからないのかもしれない。
 逆説的にいうと神道が国家と結びついていかなければ、そしてそのもとで戦争が遂行されなければ、死者の御霊がどこにあるかなどと言った論争自体起こることがなかったと思います。
 今回の御霊所在地論争は、氏子を持たず地域の八百万の神と結びつかない靖国神社の特異な性格を改めて示したものと言えるのではないでしょうか。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2018-10-04 07:56

「自民だけど安倍さんは大嫌いです」 

 18.10.2
 石橋4丁目のAさんとは、昨年末の元維新市議リコール運動の際知り合い、弟の小中学校時代の同級生であることもわかって、その時大変話が弾みました。先日そのAさんと再びお話する機会がありました。
 当然時節柄選挙の話に触れたのですが、いきなり「山元さん、実は僕、自民党なんです」ときました。これほどのっけからのカウンターパンチは最近滅多にお目にかかったことがありません。ちょっとたじろいで「で、では安倍さんもお好きで?」と伺うと「いや安倍さんは大嫌いです。今の自民党はかつての自民党ではありません」とキッパリ。さらに「しっかりした与党が絶対必要。そしてそれに対抗する野党はもっと必要。だから共産党にはがんばってほしいのです」と続けられました。赤旗こそ「さすがに購読はちょっと…」と断られましたが、最後は結構意気投合して笑顔で別れました。安倍政権が自民党内や保守層からも見放されてつつあることを総裁選や沖縄県知事選に続いて、地元池田市石橋でも実感した次第です。
 どんどん市民のみなさんとお話していくことが大事ですね。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2018-10-02 17:46

台風、知事選、もひとつ台風、そして阪神、ノーベル賞… ―9月雑感―

 18.10.2
 残暑という言葉があまりに生ぬるく思える暑さが続くまま、9月に入って間もなく台風21号が近畿地方を襲い甚大な被害をもたらしました。その後その台風被害関係も含めた生活相談、9月議会傍聴などをこなしているうちに、沖縄が知事選挙に突入、台風24号が列島を襲う中投票日を迎える―、こんな具合でなんとも慌ただしく9月が終わったというのが率直なところ。まぁ玉城デニーさん勝利で疲れも吹っ飛びましたけど…。
 話変わって某在阪球団―、「残り試合が多くて有利」と言われていたのも今は昔、残り試合が少なくなればなるほど借金が増えるという悪循環に陥りCSも絶望的な状態です。残り日数が減るにしたがって票の増えていったデニーさんとは好対称です。さらに1日ノーベル賞を受賞された本庶佑京大特別教授がニュースのインタビューで「阪神ファンの先生から見てどうすれば強くなりますか」と問われた時、「指揮官を変えるべき」との爆弾発言が先生の口から飛び出しました。「『日刊ゲンダイ』でもまだそこまでゆうてないぞぉ」と私は思わず仰け反ってしまった次第。ノーベル賞学者の仰ることだけに説得力があります。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2018-10-02 14:24