山元たけしの あの日その時、そしてこれから


日本共産党 前大阪・池田市会議員  山元たけしの日々の活動を綴ります
by takeshi_yamagen
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
お気に入りブログ
最新のコメント
橋下知事のPT、はじめは..
by 佐々木雅博 at 10:03
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:池田市議会 ここだけの話( 37 )


電池切れ寸前…

 13.10.30c0133503_21132571.jpg
 明日の決算委員会準備で議員控室でまだ作業中。おしりに火が付かないとやらない私が悪いのですが、本番が近付くにつれてこれも言わにゃ、あれも言わにゃと問題意識が広がっていくのも事実です。しかし、もう電池切れ…。いかん!もうひとがんばりしなくては!10万池田市民の生活がかかっているんだから…。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2013-10-30 21:14 | 池田市議会 ここだけの話

速報!昨日池田市議会から民主党会派が消えてなくなりました

 13.9.18
 昨日午後、市議会に激震が走りました。
 先日の文教病院委員会で民主党議員団(3人)のT議員が党の方針に背き細河小中一貫校建設に反対したため同議員団を離れ無所属に。小中一貫に名を借りた小学校つぶし反対運動の盛り上がりがこの分裂劇の背景にあることは明らかです。
 また残った2人が民社・友愛議員団と会派名を改称したため池田市議会会派から民主党の名前が消えてしまいました。つい1年前までの政権党であり、一時は市議会に6人を擁した民主党―、国民の願いに背きつづけた結果最小会派に転落するにとどまらず、ついに名乗ることすらできなくなってしまったようです。民主党といえば7月の参院選挙大阪選挙区で落選した池田市在住の梅村聡元参院議員も離党する意向を示していることが先日報道されたばかりです。 
 91年名前を変えずがんばれる党、日本共産党の一員でよかったぁ~。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2013-09-18 02:05 | 池田市議会 ここだけの話

結局なにが言いたかったん?

 13.1.6
 4日は池田市役所も初出でした。
 市長訓示のあと、市幹部・行政委員の皆さん,市会議員が懇談、その中でいつもは年男・年女のあいさつがあるのですが、巳年生まれがあまりに多く「一人1分に限らせていただきます」と司会者から事前のお断りがありました(場内爆笑)。まぁ、その貴重な1分を使って年齢を一回りさば読んでいた人もおられましたが…(場内失笑)。
 さて、不可解だったのは昨年末衆院選でみんなの党…、いや最後は維新の会から立候補して当選したA氏。「国会では衆参でねじれている、大阪府・市は国とねじれている、それが問題。参院選ではそれが焦点」という趣旨の発言をしました。しかし、参院選で国会のねじれを解消するには自民が勝つしかないし、府・市とねじれ解消というなら維新が勝つしかないわけで、あまりにわかりにくい話に自民党の議員からも「一体どうせぇちゅぅねん?」「本まにあの人、エリート官僚やったん?」の声があがっていました。
 それとも彼は自民・維新の連立を言いたかったんでしょうか。それはとりもなおさず憲法9条改正・核武装の大連合…、おぉこわ!
[PR]

by takeshi_yamagen | 2013-01-06 11:18 | 池田市議会 ここだけの話

移民、ヒロシマ、少人数学級―、ローンセストンの皆さんと話がはずみました

 12.6.3
c0133503_8562377.jpg 姉妹都市提携45周年でオーストラリア・タスマニア島にあるローンセストン市の市長、市会議員、そして市民の皆さん総勢19人が池田に来られ、先日歓迎会が行われました。
 異文化交流大好き、“インターナショナルいちびり”を自認する私としてはこんな機会を逃す手はない、「伝わらんかったらその時はその時」と覚悟を決めて?単語並べただけの拙い英語をボディランゲッジで補いつつ、先方の誰彼をつかまえては、オーストラリア社会についていろいろ伺い、交流を深めました。
 まず、オランダ、スコットランド、ポーランドなど皆さんの(先祖の)出身国が様々で、オーストラリアが移民社会であることを改めて実感。
 特に興味深かったのはオランダ系のバン・ツェッテン市長(1954年生まれ)が、実はインドネシア生まれで1歳の時ご両親とともにオーストラリアに移民してきたという話。移民というと19世紀などはるか昔を勝手にイメージしてきた私には新鮮な驚きでした。
 一行は池田を離れた後京都、広島に向われ、原爆資料館も訪問されるとのこと。ヒロシマの惨状、ヒバクシャの思いを母国にも伝えてほしいとお願いするとともに、「核兵器廃絶のためがんばっています」とちょっと日本共産党の宣伝もしておきました!?
 さて、私がほとんど他愛のない話に興じている頃、同僚の難波・藤原両議員はオーストラリアの教育制度について現地の音楽の先生をつかまえてかなりつっこんで質問をした様子。
 それによると、彼地ではハイスクール(日本の中・高校に相当)の1クラスの生徒数は20人、ジュニアスクール(小学校)は12人で、「日本は40人だ」というと、“crazy ”“ busy”と驚かれたとのこと。少人数学級より小中一貫校を進めようとする教育委員会のT部長(元中学の英語の先生です)はさすがに通訳しにくそうでした!?
[PR]

by takeshi_yamagen | 2012-06-03 08:53 | 池田市議会 ここだけの話

「なんでも反対」って、だれ?

 12.4.22
 昨日の「三つの心がけ」をはじめとした私のこの間のブログでも記したように、私たち日本共産党議員団は市民の利益になるかどうかを基準に一つ一つ慎重に審議して議案に対する態度を決めており、「野党だから反対」といった機械的な態度をとることは決してありません。そのあたりは現在市民の皆さんにお届けしている共産党議員団発行の「市議会報告」でもお知らせしているとおりです。
 ところで、わが党以外の会派も「市議会報告」を作成し、それぞれの立場から3月議会の様子を報告しておられます。
 それはそれでいいことなのですが、よくわからなかったのがA党の議会報告。「なんでも反対では、池田市がつぶれてしまいます」とわざわざ赤字で書かれていたのです。
 何も考えずに反対ばかりしていてはA党のいうように池田はつぶれてしまうでしょう。しかし、池田市議会には、たとえ小学校統廃合の予算が含まれていても市長が出した議案なら「なんでも賛成」する党はA党も含めてたくさんありますが、「なんでも反対」する党は一つもありません。そのことについては3月議会の38件の市長提出議案のうち28件が全員異議なく可決されたこと一つを示すだけで十分でしょう。
「なんでも反対」というはいったいだれをさすのか、なぜことさらにそんなことを書くのか、結局私にはよくわかりませんでした。実に不可解な記述です。  
[PR]

by takeshi_yamagen | 2012-04-22 10:54 | 池田市議会 ここだけの話

議会後、目と歯と頭にきています

 11.10.6
 先月末あたりから疲れ目が続いています。まめに目薬をうち、濡れタオルを当てているのですが、あまり効果がありません。どうも9月議会で長時間パソコンに向かって原稿を打っていたつけが回ってきたようです。
 そのうち今度は右上奥の歯が痛み出し、三日ほど前からからは歯茎がはれ出しました。私の場合、疲れがたまると歯痛が起こることがよくあるのですが、今回はちょっとひどいようです。たまらず今日歯医者さんに駆け込みました。
 歯医者さんで薬をもらい痛みが引いたのはいいのですが、今度は麻酔が効きすぎたのか、現在ちょっと頭が“ボー”としています。
 自民党のK議員も「顔色悪いで。早よ帰りや」とやさしい言葉をかけてくださいましたが、今日中に書かなあかんビラの原稿や「赤旗(日曜版)」の配達がまだ残っています。えらいこってす。いや、本マ…。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2011-10-06 17:42 | 池田市議会 ここだけの話

ああ、眠たい…

 11.9.27
 ただ今、9月27日午前1時53分。今日の9月議会の4本の討論原稿をやっと書き上げました。いずれも市長提案に対する反対討論で、各々の発言時間は長いものでも2、3分で収まるものなのですが、正確で言いたいことが明瞭で、なおかつ議論がかみあうシャープなものに仕上げようとしているうちにこの時間になってしましました(もっとも私の要領の悪さもあるのですが…)。
 詳細についてはまたお知らせしますが、とにかく眠いので寝ます…。
 あぁ、そうそう私の一般質問の内容について簡単に触れておきます。
 1)総合評価型入札の拡大、公契約条例の制定について。
 2)市内の古墳を整備し、文化の香り高い街づくりについて。今回は特に池田茶臼山古墳の整備について市の見解を質します。
 3)よりよい空港地域のまちづくりについて。今回は池田市の健康診断を豊中市蛍池地域の医院でも受診できるようにしてほしいとの地元の要求を主に取り上げます。
※私の一般質問は28日になります。お誘いあわせのうえ傍聴にお越しください。
 
[PR]

by takeshi_yamagen | 2011-09-27 01:53 | 池田市議会 ここだけの話

行政視察は有意義、しかし…

 11.9.11
 池田市議会では、各常任委員会で他の自治体のすぐれた施策を学びに毎年行政視察(委員会視察)に出かけます。実際現地に赴いて担当の方に直接お話を伺うことは大変有意義で、その成果は議会質問に何度も取り入れさせてもらっています。
 ところで、先月に実施された今年の総務委員会の視察に、私が参加しなかったことを批判する声があります。その理由は誰もはっきりおっしゃいませんが、「今回の視察を提案した議員のメンツがつぶれた」「和を乱した」といったところのようです。
 私の不参加の理由はただ一つ。1日目の視察先に福岡県柳川市の競艇学校が入っていたからです。
 私は競艇選手をめざす若者に恩も恨みもありませんが、将来池田市に競艇学校ができるわけでもなく、今後視察の成果を市政に生かすことはまず不可能、そのような視察に市民の税金を使うことは許されないと考えるからです。
 同時に、単に反対するだけではなく、私は公契約条例や住宅リフォーム助成制度で成果をあげている関東の自治体を視察先として総務常任委員長に提案もしていました(その拒否の理由は未だに誰からも聞かされていません)。
 ところで、2日目の視察先は福岡市。総合評価型入札(落札業者を金額だけではなく、社会貢献なども加味して決定しようという入札制度)の実施状況を視察する計画でした。この入札制度は私も注目しており、ぜひともお話を伺いたかったので、2日目だけの参加を模索したのですが、「視察は2日間参加が原則なので…」と言われて断念したことも付け加えておきます。
 
[PR]

by takeshi_yamagen | 2011-09-11 19:41 | 池田市議会 ここだけの話

幻の賛成討論

 11.6.24
 日本共産党は現在市議会では野党です。しかし、だからといって市長提案に機械的に反対の態度をとるわけではなく、あくまでも「市民生活にどうなのか」を基準に慎重に審議しています。ですから「なんでも反対の共産党」という批判はあたりません。実際、共産党は市長提案議案の6、7割には賛成しているのです。まぁ、さすがに市長提案に積極的に賛成討論に立つことはほとんどありませんが…。
 ところで、6月議会に市立池田病院の医師などの定数を増やす条例案が提案され、22日の総務委員会で審議されました。質疑では医者が増えることで、例えば脳外科で正式な医師が着任することになり(今は応援医師のみ)、現在月・火・木曜のみの診療が毎日になるなど、医療内容の充実が図られるなどの答弁がありました。
 病院の充実が図られるのは歓迎すべきこと。反対する理由はないのですが「○×議員が反対するらしいで」との噂が、実は委員会の前々日あたりから流れてきて、「これは共産党の見解も明らかにしなければならない」と、私は委員会前日の夜中に賛成討論原稿を書き上げ、総務委員会に臨んでいました。
 結局、噂の議員も賛成に回ったため、当議案は全会一致で採択。私は賛成討論する機会を逸し、思わず「議員生活初の賛成討論できひんかったわ」とぼやいてしまいました。これには理事者席の市長も苦笑い。
 その幻の賛成討論原稿―、せっかく書いたので以下に掲載します。

 私は日本共産党市会議員団代表して議案第32号池田市職員定数の一部改正について賛成の討論を行います。
 本条例案は池田市の医師、技能職、看護師の定数を61名増員するというものです。
 同じ仕事をする場合は差を設けないという原則のもと、非常勤職員に正式採用の道が開かれることにより、市民に安定した医療を提供できるということ、診療報酬の維持増収にもつながることが、脳外科の例もあげられて質疑の中で明らかになりました。また、それは地域医療の拠点としての池田市民病院の信頼を高めることになり、住民の福祉の向上に努めるという地方自治の本旨に沿ったものでもあります。
 よって賛成します。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2011-06-24 12:41 | 池田市議会 ここだけの話

昨日は代表質問。いや、疲れました

 11.6.10
 昨日は各会派が市長の所信表明を受けて代表質問を行いました。 
 共産党からは不肖私が質問に立ったのですが、その準備に今週はかかりっきり、はっきり言って疲れました。余波でブログも4日ほどお休みさせていただいた次第…、とは言ってもうちの場合、全員が協力して代表質問の原稿を完成させるので、仕事が一人に集中するわけではありません。まぁ、私の要領がまだ悪いということですな。人生精進精進…。
 さて、その代表質問。学校再編や地域分権制度の矛盾が、うちのみならず他会派の質問や、市長の答弁にも垣間見え、なかなかおもしろいものになりました。詳細は、また後日。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2011-06-10 02:24 | 池田市議会 ここだけの話