人気ブログランキング |

カテゴリ:維新退場!( 37 )

「松井さん、『身を切る』改革をいうなら維新は政党助成金返上されたらいかがですか」(志位和夫)

 19.7.7
 先月30日のネット党首討論で、維新の松井代表が日本共産党委員長志位和夫に「消費税増税するなら、国会議員の身を切る改革を。どうか」と質問。それを受けて志位和夫氏は「消費税を国民に押し付ける代わりに自分たちの身を切るというのは理屈が違う。身を切れば増税を押し付けていいのか」「私たちは政党助成金の317億円。松井さんとこもたくさんもらっている。全部返上したらいかがか。私たちは廃止を求めておりますし、受けとっていません。『身を切る』というなら、そこから取り組んではいかがか」と反論。松井さん、ぐうの音も出ず黙り込んでしまいました。勝負ありましたね。
 池田市議会の6月定例会でも似たような情景がありました。維新市長は所信表明でやはり「身を切る改革」論を展開しましたが、代表質問の論議の中でその狙いが市民負担拡大であることが明らかになりました。「身を切れば市民負担を増やしていいのか」の声が池田市内でも広がっています(6/10付当ブログ参照)。

※本日核兵器廃絶全国平和大行進が池田を参ります。市役所前で集会後11時半に出発、川西市役所をめざします。一歩でも二歩でもご一緒に歩きましょう!


by takeshi_yamagen | 2019-07-07 05:20 | 維新退場!

緩やかに、しかし着実に広がるオール大阪の流れ ―堺市長選挙の結果から―

 19.6.11
 堺市長選挙で自民党を離党し市議会議員を辞任して反維新・反都構想の立場を明確にして出馬した野村友昭候補が維新候補に敗れました。しかしその差はわずか1万4千票で野村候補は選挙前の予想を裏切る大健闘、新聞は勝った維新陣営の選挙事務所に笑顔がなかったと報じています。堺市民の都構想反対の思いが根強いことを改めて示したといえます。
 驚いたのは自民党自民党府連会長渡嘉敷奈緒美氏の発言。野村氏が敗れたのは「共産党と組んだせい」といわんばかり。さらに「(堺市長選の結果から)住民投票の実施に賛成する必要があると強く感じた」と(NHK関西ニュース)。維新への卑屈なまでの屈服ぶりです。
 最近感じるのは大阪の保守層が大きく二つに分かれてきているのではないかということ。自治会や老人会など地域でまじめにこつこつがんばっておられる反維新的な潮流と、自身の世俗的名誉や金儲けを第一に考える半維新・親安倍といってもよい新自由主義的な潮流です。野村候補が前者、渡嘉敷会長が後者であることは言うまでもありません。
 幸い都構想の是非を問う住民投票は来年秋。それまでに住みよい大阪、住みよい池田をどうつくっていくか、良心的な保守の人(当然普段の選挙では自民党や公明党に票を投じる方も含まれます)と話す機会はいくらでもあります。反基地のオール沖縄に続き反維新反都構想のオール大阪の流れをつくるため私も全力あげてがんばります。
 
  

by takeshi_yamagen | 2019-06-11 05:05 | 維新退場!

公認議員が悪いことしても責任をとらないのが維新という政党です

 19.5.18
 丸山議員の「戦争しかない」発言の怖いところは、憲法に自衛隊が反するかどうかなど関係なく、「あぁ、戦争という選択肢もあるんだ」と国民がなんとなく思ってしまうこと。そもそもその「印象操作」を彼は意図的に狙っていたのかもしれません。
 さて大阪維新の松井代表は当初庇う態度を見せましたが、世論に抗しきれないと見るや彼を除名、辞職勧告決議案を各党に呼びかけたとのこと。一見迅速で適切な措置のように見えますが、そこが維新の狡猾なところ。本来なら彼の党の首を切る前に議員辞職させるのが公党の公認責任というものではないでしょうか。実は池田でも維新公認で市議選に当選した羽田議員が自らの経営する整骨院で保険金を不正受給して逮捕起訴された際も維新は議員辞職させる前に離党させてしまったのです。自分たちの公認した議員がなにか悪いことをしても自分たちで辞めさせはしないというのがどうやら維新という政党の.ポリシーのようですね。
 そうこう言っているうちに、維新の大阪市議会議員が今度は公職選挙法違反で逮捕されたとの報が入ってきました。今度も党の首は切るけど議席はそのままとなるのでしょうか。

by takeshi_yamagen | 2019-05-18 07:07 | 維新退場!

丸山穂高衆院議員は即刻議員辞職せよ!

 19.5.16
 維新(当時)の丸山穂高衆院議員は11日ビザなし交流団が現地を訪問した際、元島民である団長とのやり取りのなかで、「戦争でこの島を取り返すことに賛成ですか、反対ですか」と迫り「戦争なんて言葉は使いたくないです。使いたくない」と否定しても、「でも取り返せないですよね」と畳みかけ、「戦争しないとどうしようもなくないですか」と続けました。
 これを受けて与野党から議員辞職職勧告の動きが出ていることに対しても「このままではこの国の言論の自由が危ぶまれる」と開き直っているとのこと。しかしその言い分は通りません。憲法99条で憲法遵守を義務付けられた国会議員は戦争放棄をうたった憲法(9条)を真っ向から否定する発言は許されないのです。
 私は思っています。
 彼は「二十四の瞳」や「蛍の墓」などの反戦映画をみたことがなかったのだろうかと。「はだしのゲン」を読んだことがなかったのだろうかと。そして広島や長崎の原爆資料館を訪れたことがなかったのだろうかと。
 それらに描かれ、展示されているひもじくて亡くなった友人や兄弟、目の前で焼け死んだ弟や父、そして炭の塊になった焼死体の写真に思いを寄せ心動かされ涙することがなかったのでしょうか。たとえそれらに接してもそれらは遠い昔の自分とは関係ないことと割り切り、戦争ゲームに興じてきたのでしょうか。私は丸山氏の一連の発言に怒りとともに、言いようのない虚しさを感じています。
 ところで維新の松井代表は「言論の自由なんで、どこでどういう場で、どう発言するのかは…」と当初丸山氏を擁護。これぞ維新スピリット!許されません。


by takeshi_yamagen | 2019-05-16 08:28 | 維新退場!

加堂さん、健闘!維新復活許しませんでした

 19.4.11 
 どたばたして報告が遅れましたが、大阪府議会議員選挙(池田選挙区)では「カジノより防災、福祉、教育」「維新政治NO!」を掲げて加堂好美候補が5,491票を獲得。無名の新人の加堂さんが、維新旋風が吹く中ほぼ前回票(6,615票)を維持したわけで健闘といえるでしょう。なお当選は原田こうじ氏。池田では維新の議席獲得を前回に続いて阻止しました。府知事選の投票者は吉村洋文氏でした。

by takeshi_yamagen | 2019-04-11 19:29 | 維新退場!

維新の「野合」攻撃を嗤う

 19.3.31
 以下日本共産党大阪府委員会副委員長中村正男氏のFBより。

 大阪の知事・市長ダブル選。「都構想」のために党利党略の選挙打って出たはずの維新が、街頭でも、ビラでも「都構想」は後景に追いやり、新たな中身は何一つ示せません。追われる維新は、その代わり、「自民から共産まで野合している」攻撃に躍起です。「バラバラなのに」と。しかし、私たちが小西さん、柳本さんを自主的支援しているのは「都構想に終止符を打つ」一点で一致しているからです。「大阪市をなくす」という「異質の悪政」は許せないと、「バラバラ」ではなく、この一点でまとまっています。それがイヤだというのなら、「都構想」をきっぱり断念したらいい(笑)。だいたい「都構想」をやるためにはこそこそと「密約」まで結んで「野合」していたのは誰ですか。安倍政権とも「改憲・カジノ」で「野合」している。そんな方々にいわれる筋合いはありません。こんな攻撃にとらわれる必要などありません。嗤い飛ばして、断固勝利しましょう。


by takeshi_yamagen | 2019-03-31 20:27 | 維新退場!

維新撃退!石橋駅春の陣

 19.3.30
 昨夕は恒例の石橋駅前宣伝。石橋赤い橋前と石橋西口で元気に声をはりあげました。維新の宣伝隊が遅れてきたのですが、要所要所を押さえられたのですごすご帰っていきました。
 ところで自民党のAさんも西口で宣伝しておられたのですが「ヤマゲンさん、知事は小西ただかずでは一緒ですね」と苦笑い。「だって維新の政治、ひどすぎますもん」と返答。さらに私が「知事と(大阪)市長の仕事投げ出し入れ替え選挙は許されません」と訴えていると、すかさずAさんが「このフレーズええですね」と彼も使いだしました。石橋駅前でプチ反維新共闘が成立した次第。


by takeshi_yamagen | 2019-03-30 07:03 | 維新退場!

もう都構想なんかにつきあってる暇はない 小西知事・かどう府議の誕生で維新退場の審判をくだそう!

 19.3.26c0133503_00500578.jpg
c0133503_00493288.jpg すでに簡単に書きましたが、3月24日の私の事務所開きは歴史的なものになりました。
 わが党のかどう(加堂)好美予定候補に続いて一昨年の衆院選挙をともに闘った社民党の服部良一さんが激励にかけつけてくださったのです。池田の共産党の事務所開きや出発式に他党の元国会議員がお越しになるのは70余年の池田の共産党の歴史でおそらく初めてです。また同じくかけつけてくださった中学時代の恩師のk先生は「私は共産党一番の立場ではないのですが、一昨年の選挙で共産党の宣伝カーが服部さんを応援しているのを見て感動し、今日話をさせてもらいに来ました」と仰ってくださいました。
 他の発言者のみなさんも口々に「消費税増税をやめさせよう」「首相と同郷だが安倍政権倒すまでがんばる」「カジノ反対!」と決意表明。事務所開きは図らずも池田の野党と市民の共闘を再確認し、維新に退場を突きつける決意を固める場となりました。
 さぁ、知事選挙が始まりました。維新政治を終わらせるために立候補された小西ただかずさんは第一声で「馬鹿げた(都構想の)議論に時間を費やす余裕はありません。今目の前にある課題に全力でぶつかっていく必要があります」と述べました。そう、そうなんです、全国ワースト2の子どもの貧困や虐待の問題、高すぎる国保料を引き下げる問題、まだ地震、台風でブルーシートが屋根に残る問題など、山積する維新政治の「負の遺産」を一つ一つ解決していかねばならないのです。決着済みの都構想なんかにつきあっている時間などありません。
 知事には小西ただかずさん、大阪市長には柳本顕さん、府議選池田ではかどう好美さん、お隣の豊中では山本いっとくさん勝利のため私も全力あげてがんばります。


by takeshi_yamagen | 2019-03-26 05:34 | 維新退場!

隠しても隠しても見えてくる大阪都構想の維新の狙い

 19.3.22
 21日大阪維新は大阪市難波で第一声を上げ、知事選に出馬した吉村洋文前大阪市長が都構想は「絶対に諦めない」などと強調。市長選に出馬する松井一郎知事は「相手陣営は『大阪市がなくなる』しか言わないが難波高島屋の前がなくなるのか」などと発言。「なにゆーてるのん」と初日から大阪府民の失笑をかっていたようです。
 二人が「大阪市はなくならない」と強弁する一方、維新の足立康史衆院議員は「共産党の小池晃書局長は記者会見で『大阪都構想は自治体そのもの破壊だ』と発言したが、ひどい発言だ。都構想はあくまで大阪市をなくし、特別区を作るものだが、壊すときに一番大事なのは壊した後に何をつくるかだ…」とツイッターで発信。都構想で大阪市がなくなること、いともあっさり認めておられるのです。
 また18日の討論会(ABCキャスト)で松井知事は「大阪においては知事、市長という2トップです。これ両方ともすごい権力者なんです。われわれは一人でいいと思う。権力にしがみつかない」と発言。その後も「権力、権力」とくりかえしました。普通、まともな首長なら「私は権力者だ」などとは絶対に口には出さないでしょう。彼らは「知事、市長というのは上から命令する人間である」とどうやら信じて疑われていないようです。たまらず小西候補は「知事とか市長を権力の座と仰るのは、非常に重要な発言ですよ。(知事・市長は)住民の代表なんですよ」と反論されていました。
 結局大阪都の狙いが、大阪市を解体し、一人の権力者が好き勝手する体制をつくろうとするものであるという本音が、隠しても隠しても、いや隠せば隠すほど、あちこちで漏れだしてきているのです。

by takeshi_yamagen | 2019-03-22 23:29 | 維新退場!

「死んでも死にきれない」のは大阪府民です

 19.3.10
 時あたかも来年度の府民からいただいた税金の使い方を決める3月議会の真最中。子どもの貧困率が沖縄に続いて2番目に高い状況(食費がなく昼休みに水を飲んでいる中学生もいるのです)、昨年の地震と台風で屋根が破損し、今でもブルーシートがあちこちに残っている状況、けた違いに少ない経済振興費(2,800万円。大阪より人口が少ない愛知県、兵庫県、京都府は1億円以上、東京都45億円の百分の一以下)で苦しむ中小企業の状況…、府議会で審議しなければならない議題は山のようにあるのです。そんな大事な議会を放ってトップが府政を投げ出すわけですから、彼らは府民の苦しみに心寄せていないと言わざるを得ません。
 松井知事は「公明党に裏切られて死んでも死にきれない」と言ったそうですが、あなたに苦しめられて死んでも死にきれないのは、私たち大阪府民のほうです。


by takeshi_yamagen | 2019-03-10 07:07 | 維新退場!

日本共産党 大阪・池田市会議員  山元たけしの日々の活動を綴ります


by takeshi_yamagen
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る