山元たけしの あの日その時、そしてこれから


日本共産党 前大阪・池田市会議員  山元たけしの日々の活動を綴ります
by takeshi_yamagen
カテゴリ
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
お気に入りブログ
最新のコメント
橋下知事のPT、はじめは..
by 佐々木雅博 at 10:03
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧


おーい野田、大飯はNOだ! ―続報 紫陽花革命―

 12.6.30c0133503_16551344.jpg
 昨日の首相官邸前、大飯原発再稼働反対行動の始まる2時間前から人々が列をつくり、その後も続々と集まる人に6車線ある官邸前道路はついに全面通行止めに。周辺はたちまち20万の人で埋まり、まさに「空前」。子ども連れの姿も目立ちます。
「友人が福島に残るべきか引っ越すべきか悩んでいる。再稼働などとんでもない」(7歳と9歳の子どもと参加した川崎市の主婦)、「許せないのは政府が難病の人のために原発を動かすと詭弁を弄していること。一方で私たちを苦しめながら…」(車いすで参加した千葉市の女性)、「有機農業をしています。なにも問題は解決していない。今日は再稼働止めにきました」(栃木県那須市の男性)、参加者の血を吐くような思いが今朝の「赤旗」紙面からびんびん伝わってきます。
 会場には前回に引き続いてわが党の志位委員長も参加、「子どもたちの未来を守ろう!日本共産党もがんばります」の訴えに参加者から声援と拍手がおこりました。
 さらにこの官邸前行動に呼応して大阪の関西電力本社前でも2,500人が集まり、京都、名古屋でも抗議行動が行われたとのこと。
 野田首相、国民がわざわざあなたのおうちの前まで出向いてきているのだから、怒りの声が届いていないとは言わせません。大飯原発の再稼働はただちに中止せよ!
[PR]

by takeshi_yamagen | 2012-06-30 09:07 | 東日本大震災と原発

「金曜日、永田町で逢いましょう」 ―進展する“紫陽花革命”―

 12.6.29
 半世紀前の東京の恋人たちの合言葉は「有楽町で逢いましょう」、今はさながら「金曜日の夕方、永田町で逢いましょう」が、東京の若者たちの合言葉になった感があります。
 というのも毎週金曜日の夕方千代田区永田町の首相官邸前の「原発再稼働反対」のデモが3月に始まった時にはわずか300人であったのが、今月8日4,000人、15日1万2,000人、22日4万5,000人とまさに“倍々ゲーム”以上に拡大、野田首相など原発固執勢力を追い詰めているのです。「赤旗」は「再稼働やめよ 地鳴りの唱和」とその熱気を伝えています。誰がつけたか、その名も“紫陽花(あじさい)革命”―、インターネットを見るとその矛先は政府、電力会社はもちろんのこと、事実を報道しないNHKなどのマスコミにも及んでいます。 
 そして今日、再び金曜日がめぐってきました。さて今回はどれだけの人が永田町に詰めかけるのでしょうか。「革命戦士」の皆さん、元気にともにがんばりましょう!そしてからっと梅雨の晴れる頃、原発のない日本に一歩踏み出そうではありませんか!
[PR]

by takeshi_yamagen | 2012-06-29 06:40 | 東日本大震災と原発

「地元の反対が強ければ細河小中一貫校の予算はつけられません」(市長)

 12.6.28
 市教委はバラ色のようにいうけれども、各地の経験を見る限りなにかとぎくしゃくしている声ばかりが聞こえてくる小中一貫校。
 26日の一般質問で私は小中一貫教育を導入する自治体が全国で減少傾向にあること、施設一体型小中一貫校を導入している東京都品川区では不登校児が増え小中一貫校離れが進んでいるkことなどを示し、先行例をどう分析し、どんな教訓を導き出しているのか、市教委を問いただしましたが、「各地の実態を承知している」と言いながら要領を得た答弁はありませんでした。
 私は「教育的な効果が検証されておらず市民の間でも意見のわかれる小中一貫校の建設は進めるべきではない」と主張すると、市長は「細河小中一貫校については平成25年度当初予算に計上する予定。ただし細河地域に賛成・反対の意見があるため、この半年間地元の動向を見際め、最終判断する。石橋小中一貫校は細河開校後の検証を踏まえ考える」と答弁。さらに「住民の反対が多ければ建設しないのか」と私がつっこむと「地元に受け入れられない状況では強引に予算はつけられない」と続けられました。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2012-06-28 23:15 | 守ろう!みんなの小学校

「自公の協力で消費税増税法案が衆院通過。ご協力ありがとうございました」(民主N市議)

 12.6.27
 昨日の一般質問で6月議会が終わりました。
 その原稿作成でここ2、3日余は議員団控室あるいは自宅でパソコンとにらめっこ。ブログもお休みさせていただいた次第。おかげでそれなりに充実した一般質問となりました(ただ、午後の予定が午前に早まり傍聴にお越しくださった方にはご迷惑をおかけしました。申し訳ありません)。
 翻って考えてみると、6月議会は議案が少ない割には内容豊富で、突っ込みどころ満載の議会だったように思います。特に小中一貫教育に名を借りた小学校つぶしの動きには注目すべき変化がみられたのですが、それらについてはまた後日。
 ところで、昨日の議会最終日で驚いたのは民主党のN議員の一般質問。その冒頭で「自民、公明の協力を得て本日消費税増税法案が衆議院を通過しました。ご協力ありがとうございました」と発言したのです。彼らには消費税で塗炭の苦しみを味わっている国民の生活など全く眼中にないようです。“民主党の堕落、ここに極まれり”ですね。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2012-06-27 13:12

鞆の浦の景観が守られました

 12.6.23
 半世紀も生きていると、若い時に訪れた土地を再訪する機会も多くなってきました。
 以前と変わらぬ風情が残るところもあるのですが、中には開発が進み「もう二度と来ない!」とその場で一人固い「決意表明」をしてしまう土地もあります。
 さて、2004年私は広島県福山市鞆の浦を訪問。あいにく大雨の日でしたが、小さな湾を中心に江戸時代の港町が箱庭のようにすっぽりおさまる景色を前にして、ちょっとした興奮を覚えたことが昨日のことのように思い起こされます。
 この鞆の浦をめぐっては、行政側の湾の埋め立て・架橋計画に対して市民の間から反対の声がおこり、わが党も歴史的景観を守れ、と09年2月に国交省に要請するなど、国会、県・市議会でもこの問題を取り上げてきましたが、このほど県が架橋計画の中止を発表、私としても新たな「決意表明」をする必要がなくなり、ほっと一安心です。
 落ち着いたら陽光眩しい瀬戸内を訪ね、鞆の浦、尾道、竹原の町をぶらぶら、国宝の甲冑類を見に大三島の大山祇(おおやまずみ)神社にも足を伸ばそうか…、さっそく次の放浪計画をたてています(09/6/8,09/10/2付ブログ参照)。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2012-06-23 21:39 | 日本たびたびまた旅日記

国民の闘いあるところ「赤旗」あり

 12.6.22c0133503_420452.jpg
 17日に福井県庁前で開かれた大飯原発再稼働反対の抗議集会には、県内はもとより、福島、九州、東京、大阪から、大飯原発再稼働に怒りをつのらせた市民2200人が集まったとのこと。もちろん翌日の「しんぶん赤旗」は一面トップ。「原子力ムラ」から「転居」できない大手マスコミが、その前々日の官邸前1万1000人の抗議デモを完全に黙殺する中、「赤旗」は連日市民の動きを報道しています。 
 ところで、6月は共産党本部への新聞「赤旗」の購読申込みが相次ぎ、18日までに62部とすでに先月の82部に迫る勢いです(19日付「赤旗」日刊紙)。ツイッタ―上でも「(赤旗を読んで)今まで隠されていてしらなかった事実を知ることができた」「なぜ、赤旗だけが報道か」などの声が飛び交っているとのこと。
 翻って私の担当地域でも、小学校存続の運動が最も精力的に取り組まれた石橋4丁目で今「赤旗」が着実に増えています(6/11付ブログ参照)。まさに“国民の闘いあるところ「赤旗」あり”、ですね。 
[PR]

by takeshi_yamagen | 2012-06-22 04:25 | 日本共産党はこんな政党です

空港1・2丁目の皆さんに朗報! ―住民健診の受けられる医療機関が拡大されました―

 12.6.21
 住民健康診査のうち池田市独自の追加健診は池田市内の医院でしか受診できません。そのため、地域に医院がなく、かかりつけのお医者さんが豊中市蛍池地域に集中する空港1・2丁目の住民の皆さんから「やはりずっとお世話になっている蛍池のお医者さんで健診を受けたい」(空港1丁目Sさん)、「年に一度とはいえ、石橋のお医者さんまで行くのは途中に坂もあって結構しんどい」(同Oさん)といった声が、お年寄りを中心に以前から出ていました。
 私は、2007年の12月議会以来、空港地域の住民の声も示しながら粘り強くこの問題にとりくんできましたが、このほど蛍池の一つの医療機関がとりあつかっていただけるようになったといううれしい報告がありました。
 5年近くかかりましたが、初当選の直後から取り組んできたことが実現して、私としても喜びはひとしおです(07/12/19、11/10/2付ブログ参照)。 
[PR]

by takeshi_yamagen | 2012-06-21 14:51 | 住みよい石橋・豊島の街めざして

雨にも負けず、湿気にも負けず、台風にも負けず、パソコンに向かっています

 12.6.20
 それでなくてもじめじめして蒸し暑いのに、台風まで上陸(6月の台風上陸は8年ぶりとのこと)、読者の皆さんにおかれましては体調をくずされていませんでしょうか。
 さて、国政も消費税増税をめぐって風雲急、「力あわせて消費税増税を阻止しましょう」とマイク握って訴えてまわりたいところではありますが、25・26日の本会議の討論原稿、質問原稿を作らねばならず、ここ2、3日はパソコンとにらめっこ状態です。
 共産党議員団の一般質問についてお知らせします。
 山元建…1)施設一体型小中一貫校と少人数学級について 2)池田市の住民健診について 3)茶臼山古墳の保存について
 藤原美知子…1)介護保険制度について 2)幼保一体化について 3)図書館の増設について
 難波進…1)本市の中学校給食の実施について 2)市営住宅の改善について 3)宅地開発等による自然・生活環境悪化に対する規制強化について 4)原発からの撤退、再生可能エネルギーの導入促進について
 質問の順番は質問議員16人中、私が11番目、藤原が12番目、難波が13番目となり、いずれも26日の午後になる予定です。ただし議事進行次第で私は午前になるかもしれません。どうか傍聴にお越しください。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2012-06-20 23:40

国民の声で民自公増税勢力を孤立させ、生活を守ろう!

 12.6.17
 消費税増税をめぐって政局が動き出しました。
 民主・自民・公明が消費税増税で合意したものの、肝心の与党民主党内から大量造反の動きが表面化するなど情勢はまだまだ流動化しそうです。増税法案成立のために国会が延長されたことを受けてマスコミは「増税確実」などと伝えていますが、それだけ国民不在の増税路線に道理がないことを暴露する場ができたわけで、わが党は国民の共同を追求して、増税を阻止していきたいと考えています。
 さて、その永田町の動きを左右するのが国民の世論と運動。
 先週私も増税反対の国民的共同を訴えて3回石橋駅頭に立ちました。私の訴えに女子高校生から「がんばってください」の声がかかり、見知らぬドライバーはすれ違いざまに小さくガッツポーズ、ビラの受け取りも確実によくなっています。
 国民の皆さん、池田市民の皆さん
「増税NO!」の声で民自公増税勢力を孤立させ、私たちの生活と営業を守りぬこうではありませんか!
[PR]

by takeshi_yamagen | 2012-06-17 05:17 | 建声元語 ―よもやま話―

市長の足を引っ張る与党とはこれいかに!? ―学校耐震化を求める請願の審議から―

 12.6.16
 6月議会では、以下の請願が市民の皆さんから提出されました。
1.池田市における学校耐震化を早期に完了させることを求める請願(池田子どもと教育を守る会提出)
2.緑丘小学校施設の耐震化を求める請願(緑丘小学校の存続を求める会)
3.池田市における学校耐震化を早期に完了させることを求める請願(全教池田教組)
4.北豊島小学校校舎の耐震化を求める請願(北豊島小学校を守る会)
5.石橋南小学校施設の耐震化を求める請願(石橋南小学校を守る会)
6.神田小学校施設の耐震化を求める請願(神田小学校の存続を求める会)
 これらの請願は13日の文教病院委員会で審議されたのですが、その中で市長の方から「財政の問題はあるが、神田小、緑丘小、北豊島小、石橋南小の耐震化は進める」との請願の趣旨にも合致する前向きな答弁がありました。驚いたのは民主・公明・市民クラブの態度。市長与党なのにすべての請願に反対したのです。与党議員が市長の足を引っ張るとは全く理解に苦しみます。結局日本共産党の賛成少数でいずれの請願も不採択となりました(これではまるで共産党が市長与党みたいです!?)。
 なお、「まちの見張り番」は1・3に賛成、2・4~6に反対しました。つまり「小学校全体の耐震化を進めろ」と言いながら、「個々の小学校の耐震化には反対だ」というわけです。これも私には理解できませんでした。
 彼らは25日の本会議でも市長と市民の願いにそむく態度をとり続けるのでしょうか。市民の皆さんもどうか傍聴にお越しください。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2012-06-16 15:57 | 守ろう!みんなの小学校