山元たけしの あの日その時、そしてこれから


日本共産党 前大阪・池田市会議員  山元たけしの日々の活動を綴ります
by takeshi_yamagen
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
お気に入りブログ
最新のコメント
橋下知事のPT、はじめは..
by 佐々木雅博 at 10:03
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧

<   2013年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧


「橋下謝れ」で始まり、「オスプレイ来るな」で終わった池田の6月議会でした

 13.6.30 
 28日に6月議会が終わり、休む間もなく(というのはウソで29日の午前中だけは爆睡してしまいました)、参院選挙に突入。さすがに疲れて3日ほどブログもお休みさせてもらいました。
 ただ最低限の6月議会報告はしておかねばなりません。
 残念だったことは細河小中一貫校建設の補正予算が自民・公明・市民クラブ・まちの見張り番・民主(二人)・無所属議員の賛成多数で可決されたこと。私たち日本共産党の3人と民主党の1人が反対しました。
 一方いいこともありました。
 まず石橋南小学校の耐震化予算が可決したこと。安心な学習環境が整備されると同時に、同校が廃校の危機から脱したことがこれで明確になったといえるでしょう。
 また、私が一般質問で「八尾空港へのオスプレイ配備はどう考えるか」と市長の見解を質したところ、市長から「市長会とともに反対していきたい」との答弁がありました。6月議会冒頭で橋下維新の会代表に暴言の撤回、謝罪を求める決議が採択されたことはすでに当ブログでもお知らせしましたが、まさに維新批判で始まり維新批判で終わった6月議会でした。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2013-06-30 21:52

明日地元の反対・凍結の声を押し切って細河小中一貫校建設予算が採決に付されます

 13.6.26c0133503_12544716.jpg
 明日(27日)明後日(28日)と6月議会の最終本会議が開かれ、明日のおそらく午前中に細河小中一貫校建設予算を含む補正予算が採決に付されます。問題が山積し地元では反対・凍結を求める声が多数を占めるのにもかかわらず小中一貫校建設が決められようとしているわけで、皆さん抗議の傍聴に池田市役所4階までお越しください(野次や拍手は禁じられていますのでご注意ください)。 
 その後各議員の一般質問に移り、今回私は大きく5点質問します。
 1)八尾空港へのオスプレイ配備についての市長の見解を求める。
 2)池田市の工事入札について…市の工事予定価格が低く抑えられて労働者の労働条件、ひいては工事の質に悪い影響を及ぼしていないか。
 3)子どもたちの通学路の現状について…国の通学路安全調査をめぐって。
 4)空港官舎の跡地利用…地元では防災公園などの要求が出ているが…。
 5)空港グラウンド(写真)の芝生問題…芝生養生工事のための施設閉鎖期間が長期に及び公費負担が大きい。料金も高いため土・日以外は利用が少なく、市民の社会教育を受ける権利を保障しているとはいえないではないか。五月山緑地広場の芝生施工についても追及。 
 なお、難波進議員は図書館行政、環境にやさしいまちづくり、市道の街路樹・歩道整備と交通安全対策について、藤原みち子議員は、保育施設の拡充、熱中症対策、市民病院の救急外来体制についてそれぞれ質問します。質問日は難波・藤原は27日、私は28日になりそうです。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2013-06-26 07:24 | 守ろう!みんなの小学校

資本主義つぶす自民党、守る日本共産党!?

 13.6.25
「情けは他人のためならず」を「情けをかけるな」、そして「気のおけない間柄」を「油断できないよくない関係」と誤って理解しておられる方が多いと聞きます(かく言う私も実はそうでした)。
 同様に日本共産党は共産主義をめざす党、自由民主党は資本主義を守る党とお考えの方は多いと思います。しかしことはそう単純ではありません。
 確かに日本共産党は、人類は資本主義が生みだした偉大な成果を受け継ぎながらも、この矛盾多き資本主義を乗り越えてやがて新たな発展段階に達すると考えています(まぁ、ずっと先の話です)。しかし、今の日本社会に必要なことはまともな資本主義―つくったものが売れて会社も労働者も潤い、それが新たな生産(意欲)につながっていく資本主義―をとりもどすことではないでしょうか。   
 労働法制の規制緩和を進め、派遣労働をはじめとした非正規雇用を一気に広げ、今またはブラック企業の「合法化」を進めようとしている自民党か、正規社員があたりまえ、誰もが人間らしい生活のできる社会をつくろうと主張する日本共産党か。
 労働者の低賃金化を進めさらには消費税、ますます国民がものを買えないそして売れない社会をつくろうとする自民党か、労働者の賃金を引き上げ国民の購買力を高めてこそ不況を克服できるとがんばる日本共産党か。
 日本をまともな資本主義にするためにがんばる党―、それが日本共産党なのです。参院選ではここのところも大いに訴えていきたいと思います。
 資本主義つぶす自民党に、資本主義守る共産党…、えっ、ますます頭が混乱してきたって?
[PR]

by takeshi_yamagen | 2013-06-25 08:56 | 山元のすべらない話

共産倍増!時代はまさに自共対決へ ―都議選の結果から―

 13.6.24c0133503_10154723.jpg
 昨日行われた東京都議選で日本共産党は改選前の8議席から17議席へと倍増!定数2の文京区や長らく議席空白だった葛飾区で議席を奪還するなど本当にうれしい限りです。
 注目すべきは改選前43議席だった民主党が15議席と激減、都議会第1党から4党に転落したことと維新が2議席にとどまったことです。かつて喧伝された2大政党制や第3極が国民から見放されつつあることがこれではっきりしたといえるのではないでしょうか。
 さてテレビの報道を見ていると共産党の躍進は低投票率と組織票のお蔭とする向きがありましたが、出口調査で無党派層の2割が共産党に投票したことが伝えられていることからもわかるようにそのコメントは一面的ではないかと私は思います。むしろ低投票率ながら無党派層の25%がわが党の山下よしきに投票し、その後の共産党の躍進の嚆矢となった1995年参院大阪選挙区とよく似てきたなというのが私の感想です。
 アベノミクスの幻想を払拭しきれなかったうらみはあるものの、まさに時代は自共対決であることが事実で示されたわけで、この勢いで参院選を勝ち抜かねばなりません。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2013-06-24 00:50

かわいくない大人にも旅をさせよ

 13.6.23
 今からおよそ20年前私は中国を一人旅しました。所謂バックパッカ―です。 
 海外の一人旅は実に刺激的で楽しいのですが、思いの他しんどいのも事実。言葉が通じないのは当然としても、まず荷物の管理が完全に自己責任、片時も目が離せないという緊張感は尋常ではありませんでした。当時の中国にはコインロッカーというものがありませんでしたし…。
 私にとってさらについてなかったことは旅の途中河南省鄭州で突然激しい腹痛に襲われたこと。日本人が一人もいない中、このまま死んでしまうのだろうか…、など縁起でもないことを考えながら宿のベッドに横たわって天井を見つめる―、その孤独感と心細さは経験したものでしかわからないでしょうね。それだけに旅の情けのありがたさを痛感した旅でもありましたが…。  
 翻って橋下暴言問題―。
 私が最近思うのは「おそらく橋下大阪市長は海外を一人旅されたことはないだろうな」ということ。もしその旅先で心細い思いをされていたなら、見も知らない言葉も通じない異国に騙されて連れてこられた女性たちの境遇にたとえわずかであったとしても心寄せることができたであろうし、「従軍慰安婦」が必要であったなどと言う暴言は絶対に出てこないと思うのです。
「かわいい子には旅をさせよ」と言いますが、かわいくない大人にも旅をさせる必要があるようです。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2013-06-23 01:26 | 山元のすべらない話

若者をブラック企業に追い込む自民党か、正規雇用が当たり前の日本をつくる日本共産党か

 13.6.22
「入社後3年以内に50%以上が離職、休職者の42%がうつ病などの精神疾患と報じられており、20歳代の社員が半年で店長となって目標達成からアルバイト管理まで過酷な労働を強いられ、3カ月でうつ病になり、退職に追い込まれた例もあるのだ!」
 日本共産党の山下芳生議員は14日の参院予算委員会で、ブラック企業の新卒の若者を大量採用、長時間・過密労働、パワハラなどで駆り立て、精神的にも追い詰めて大量退職に追い込むやり口を、大手衣料品販売店「ユニクロ」を例に告発し、離職率の高い企業名を公表することや採用募集時に離職率の明示義務付けを行うよう求めました。
 気迫の追及にさすがの安倍首相も「採用した以上、経営者も責任をもって育てていく姿勢が求められる。…若者がさまざまな情報を取得して、参考にしながら就職できるよう研究したい」と述べざるを得ませんでした。
 さらに山下氏はブラック企業が広がる土壌には、労働法制の規制緩和で非正規雇用が広がり、“代わりはいくらでもいる”といって正社員を目指す過酷な競争に駆り立てる仕組みがあると指摘しました。
 若者をめぐる現状に心寄せその労働条件の改善こそが政治の役割であるにも関わらず、安倍内閣は解雇を自由化し、残業代ゼロで長時間労働を野放しにし、非正規雇用を増大させる新たな労働規制の緩和を検討しているのです。
 まさに毒食わば皿まで、安倍内閣の狙いは「日本企業総ブラック化」であると言っても過言ではありません。

 さぁ、明日は東京都議会議員選挙の投票日です。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2013-06-22 23:16 | 日本共産党はこんな政党です

若者は身も心も命も企業に捧げよというのか! ―自民党の「ワタミ」会長公認に思う―

 13.6.21
 地方の国立大学の教員を勤める旧友のIさんと先日久しぶりに会いました。彼の話では不況が長引く中、就活中の学生の合言葉が「派遣以外ならどこでいい」から「ブラック企業以外ならどこでもいい」と変化してきているとのこと。
 そんなブラック企業大賞にも選ばれた居酒屋チェーン「ワタミ」の実態を、日本共産党の田村智子参議院議員が厚生労働委員会で追及しました。
 時間外労働月45時間以上が6か月にのぼり、年間480時間超。内容不明の天引きで、”死ぬほど残業”しても手取りは10数万円。休日もワタミの経営理念や著作のリポート提出、植林事業への寄付強制…(6月19日付「しんぶん赤旗」)。「ワタミは企業ではなく宗教だ」という声が出るのもうなずけます。
 驚いたのはその「ワタミ」の渡辺美樹会長を自民党が7月の参院選比例代表候補として公認したこと。派遣労働拡大で若者を低賃金不安定雇用に追いやったことを反省するどころか、今度は身も心も、そして命も企業に奉仕せよという自民党―、まさに亡国の党と言わざるを得ません。
 ところで冒頭のIさんによると「実はな、最近ブラック企業でもいいという学生も出始めてるんや…」とのこと。もはやブラックユーモアでは済まされません。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2013-06-21 03:26

猪名川筋では維新NO! ―尼崎市議選と豊能町決議―

 13.6.19
 16日に行われた兵庫県尼崎市議選では定数減の中日本共産党は7人全員が当選しました。各党の得票を昨年の衆院比例票と比べると、共産党は投票率が下がる中約1,000票増やし、民主は半減、自民は約4割に落ち込みました。悲惨だったのは5人を立てた維新、約四分の一に激減し一人が落選したのです。またそれに先立つ12日には大阪府豊能町で橋下市長の暴言撤回を求める決議が採択されました。
 兵庫県宝塚・伊丹市長選での維新候補が惨敗(4月14日)、大阪府能勢町議選で維新を名乗る候補一人が落選(同日)、そして池田市議会で橋下に対する発言撤回・謝罪要求採択(6月7日)に続くこれらの快挙!今大阪・兵庫の府県境を流れる猪名川沿いの自治体では西(兵庫県側)でも東(大阪府側)でも維新NO!の声がうねりを上げ始めています。
 そんな中日本維新の会の石原・橋下両共同代表の亀裂が表面化してきていますが、実は矛盾が激しくなってきているのは維新だけではありません。公明党も一連の橋下氏に謝罪を求める決議に池田市では賛成、大阪府茨木市では反対、豊能町では二人の議員の賛否が分かれるなど、大阪市議会の市長問責決議案に土壇場で反対したこと以来の混迷が今も続いているようなのです(13/4/15・5/31付ブログ参照)。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2013-06-19 14:26

「平家」というのになぜ「源家」と言わないのか

 13.6.16
 先日私にはまじめにひねくれて考えるくせがあると書きましたが、その傾向は歴史で特に顕著だったように思います。私が学生時代歴史の授業を聞いていだいた謎を以下に列挙。
 ①なぜ四大文明は紀元前3,000年前後に誕生したのか。なぜ紀元前5,000年や10,000年ではなかったのか(まぁ中国文明は少し遅れますが…)。
 ②なぜ21世紀は2,000年ではなく2,001年からなのか。
 ③なぜ「平家」というのに「源家」と言わないのか。
 ④「源氏物語」の光源氏は鎌倉幕府を開いた源氏と関係ないのだろうか。
 ⑤なぜ鎌倉仏教というのに室町仏教、江戸仏教と言わないのか。
 ⑥なぜ中国にも日本にも戦国時代と南北朝時代があるのか。 
「なにしょーもないこと考えてるねん」と一蹴されても構いませんが、「言われてみたら不思議やな」と思う節もあるでしょ?
[PR]

by takeshi_yamagen | 2013-06-16 23:44 | 山元のすべらない話

海外行くならまず市役所へ ― パスポートが池田市役所で取得可能に―

 13.6.14
 6月3日(月)から池田市役所でパスポートの申請ができるようになりました。 日本国籍を有し、池田市に住民登録をしている方なら市役所1階の総合窓口で手続きできます。また、市外に住民登録をしていても通勤、通学のために池田市に住んでいてそれを証明できる方は必要書類を提出すれば池田で受けられます。以下詳細。
1)受付時間帯は、月曜日~金曜日の午前9時~4時30分まで、交付は9時~5時15分
2)申請から交付までの所要日数は、新規、切替新規、訂正新規の申請で10日間。訂正申請は7日間。査証欄増補申請は6日間。ただし休日はこの日数に含みませんのでご注意ください。
3)一般旅券発給申請書(市役所にあります)1通と、戸籍謄本または抄本(6か月以内のもの)1通必要です。石橋プラザでは申請はできませんが、新規、切替新規、訂正新規申請書は置いてあるのでご利用ください。ちなみに、「切替新規」とは有効なパスポートの査証欄が少なくなった場合に、新しく作り直すこと、現在お持ちのパスポートに査証欄だけを増やす「増補」の方法もありますので、残りの有効期間を考慮してどちらかを選んでください。
4)有効中のパスポートをお持ちの方で、氏名を変更された方、本籍地を他の都道府県(同じ都道府県内での変更であれば手続きは不要です)に変更された方(過去に訂正されている場合は、その訂正内容に新たに変更があった場合)、性別を変更された方が申請する場合は、1.パスポートを新しく作り直す「訂正新規」と、2.現在お持ちのパスポートを「訂正」して使う方法の二通りがあります(但し、性別変更は「訂正」の対象になりません。「訂正新規」申請が必要です)。

 今回の措置は大阪府からの橋下前知事以来の大阪府解体、道州制(関西州)構想に基づく権限移譲の一環です。私たちは道州制については反対ですが、地域住民にプラスになる権限移譲については賛成です。ただ大阪府にはきちんと財政保障を続けることが求められます。「仕事押し付けておいてあとは知らん」は許されません。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2013-06-14 10:30